面白い乾杯の音頭|乾杯が盛り上がるネタ5選

宴会、飲み会を盛り上げる面白い乾杯の音頭をご紹介していきます。
乾杯の挨拶を任されて、少しウケを狙っていきたいときに是非使ってみてください。

 

芸能人のネタで乾杯音頭

面白い乾杯の音頭は、「芸能人のネタ」を取り入れると簡単に盛り上がりやすくなります。
特に仲間内だけの飲み会では気軽に試せておすすめです。
モノマネまでいかずとも、口調を寄せるだけでも十分面白いので試してみてください。
まさに今流行っている言葉、一発ギャグを乾杯の音頭として取り入れるだけで、簡単に盛り上がります。

 

ダチョウ俱楽部風

もし、周りに協力してくれる人がいれば、有名なダチョウ倶楽部さんのネタをテンポよくやってみましょう。
A「乾杯は俺がやるから」
B「いや、オレがやる」
あなた「いやいや、俺が」
AB「じゃあ、どーぞ」
と、やる羽目になるあの流れです。

 

誰でも知っているネタだからこそ、テンポよく元気よくやるだけで高確率で盛り上がる方法です。
テンポが悪くなると中途半端で終わってしまいますので、一回だけでもいいので練習しておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ローラ風

ローラさんの口真似と手真似をしながら、「じゃあみんな~、乾杯するよ~」

 

トレンディエンジェル風

「ただいま乾杯の音頭を仰せつかった・・・○○さんだぞ」

 

髭男爵風

「ルネッサーンス!」

 

DAIGO風

「それではKPしたいと思います」

 

モノマネが上手いかどうかよりも、自分を捨てて思いっきりやることが大事ですので、やるなら元気にやってみましょう。
もちろん、みんながよく知っているネタで、その時に流行っているネタを使うことも大切です。

 

外国語で乾杯音頭

帰国子女なら英語で乾杯あいさつをはじめる・・・なんていうのも面白いですが、普通の人はそうはいきません。
そこで最後の乾杯の音頭だけ、いきなり外国語で乾杯するっていうのも盛り上がります。
皆がなんとなく聞いたことあるような乾杯をするのがおすすめです。

 

英語

「チアーズ!」

 

イタリア語

「サルーテ!」

 

韓国語

「コンベ!」

 

中国語

「カンペー!」

 

スペイン語

「チンチン!」(※下ネタと思われないよう注意)

 

また、いきなり外国語をぶち込むのは勇気がいるという場合は、今日出てくる料理などとかけて、
「今日はフレンチということで、フランス語で・・・『ア・ヴォートル・サンテ!』

 

「今私のグラスにはウォッカが入っていますので、ロシア語で失礼します・・・『ザ・ワーレ・ズダローヴィエ ナ・ズダローヴィエ!』
と元気良くやると、「誰も知らないよ!」とツッコミがもらえたりして盛り上がれます。

 

堅すぎる乾杯音頭

ワイワイと仲間と盛り上がる気軽な飲み会の乾杯で、あえて堅すぎる乾杯の音頭を取るのも面白いです。
「ただいまご指名をいただきました○○です。本日はお忙しい中ご参集いただきまして誠にありがとうございます。大変僭越ではございますが、ご指名でございますので乾杯の音頭を取らせていただきます」

 

などから初めて、さらに

 

「世間は経済不況といわれてはおりまして、そして我が社も例外ではなく~」などと続ければ
「堅いって!」とか「長いよ!」とかいうツッコミが入れてもらえれば完璧ですね。事前に誰かにツッコミを根回ししておくのも手です。
このように、プライベートな飲み会であえて堅い挨拶で笑わせる乾杯の音頭となります。
また、新入社員が、係の飲み会など、若干フォーマルな飲み会でも先輩や上司の笑いを取ることができる乾杯です。

 

参考記事:人を笑わせる方法28選!口下手でもできる笑いの取り方

 

自虐ネタで乾杯音頭

自虐ネタを乾杯の前に入れて盛り上げてから乾杯する、という手もあります。
このネタのメリットは、よく知っている人同士だとかなり盛り上げることと、他の人をいじくるわけではないので、誰も傷つけずに盛り上がられるということです。

 

「私、極度のあがり症でして、見てください・・・持ってるグラスが緊張で震えてます」
「最近、四十肩で乾杯の右手が上がらないので・・・左手で乾杯させていただきます」

 

などと言って自虐してから、乾杯の音頭を取ります。
みんながその自虐のことをよく知っていると特に盛り上がりますので、自分が周りからどう見られているかあらかじめ把握おくことがポイントです。

 

スポンサードリンク

 

このように、ちょっとしたことでも盛り上げようという気持ちで乾杯をすると一気にその場が明るくなります。
忘年会などの時期は機会がたくさんありますので、前もって盛り上がる乾杯のネタを考えておくようにしておきましょう。
いろいろなネタを使っていくと、どのようなネタが間違いのない乾杯の鉄板ネタか分かってきますので、いくつものネタを考えて試していくのがベストです。
ぜひとも飲み会で盛り上げ上手になれるように、面白い乾杯の音頭を極めるてみてください。

 

乾杯の起源は?ハキハキと元気にやるのがコツ

飲み会などのみんなでお酒を飲む時にも、結婚式などのおめでたい席にも、乾杯は欠かせない習慣で、とても大事なものです。
おめでたい席では、来賓の中でも特に重要な人が乾杯の音頭を取る習慣もあるほどです。
乾杯は日本だけでなく、アジア圏の広い範囲でもありますし、西洋諸国でもあり、これだけ世界中の人々の生活に深く入り込んでいる習慣というのは、なかなかありません。

 

では、この乾杯という習慣はどのようにして生まれたのでしょうか。
乾杯と似ている、「献杯」という言葉があります。
乾杯も献杯も、することは一緒でお酒を飲む前にみんなでグラスを上にかかげます。
献杯は漢字から分かるように、グラスをささげるという宗教的な意味があり、祝福や幸運を求めて神にお酒をささげるということから来ています。
そして、乾杯、つまり自分たちでそのグラスを乾すことによって、その祈りを聞き届けられるように誓いの行為をするということが関係しているのです。
グラスとグラスを合わせてチンという音を出すことは、音によって悪魔祓いをするという意味があります。
乾杯のためにグラスを上にかかげたり、グラス同士をぶつけたりすることについては諸説がありますが、大体が意味を持っていて、何らかのまじない的な意味があるのは確かです。

 

このようにもともとはまじない、宗教的な意味を持っていた乾杯ですが、現在ではもっぱら場を盛り上げるために行われます。
そのため、乾杯の音頭を取ることになったときは、単にその場の流れで仕方なくやるというよりは、ぜひともその場に集まっているみんなが盛り上がるような仕方で乾杯をしたいものです。
特に飲み会などのワイワイと楽しむ場や会社の接待など、ぜひとも雰囲気を明るくしたいというような時はなおさらです。

 

そのためにできるいろいろなテクニックやネタがありますが、共通しているのはとにかく恥ずかしいと思わずに、思い切りよく行うことがポイントです。
元気に声を張って、大きな声で皆に届くように乾杯の音頭を取りまししょう。
歯切れ、テンポよく進めることも大事です。
もし、事前に自分が乾杯の音頭を取ることが分かっているのであれば、何を言うかを考えて練習しておくとよいでしょう。
恥ずかしがって中途半端な気持ちでやると、せっかくの面白い乾杯の音頭も周りに伝わらなくなってしまいます。

 

スポンサードリンク