スポンサードリンク

気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ

気がきかないと言われないまでも、気遣いの言葉というのは、表現するのが難しいものです。
どんなコミュニケーションをとれば、気遣いが伝わるんでしょうか。

 

言葉を掛けるときに大切なのは、相手に喜んでもらうことです。
相手に喜んでもらうためには、相手を心配していることを言葉で伝えなくてはいけません。

 

まずは相手に興味を持つ。
そしてよく観察する。
そこで気になる点があれば、口に出して伝えるのが鉄則です。

 

この言葉を掛ければ、いつでもOKというものではありません。

 

コツはどんどん言葉に出してしまうことです。
気付いたことをどんどん口に出すクセを付けてしまえば、自然と気遣いは伝わります。

 

スポンサードリンク

 

例えば、真夏の暑い日に会社に来たお客さんが汗でびしょびしょだったとします。
この場合、相手の様子をよく観察し、「共感の言葉」と「改善策の言葉」をかけるのがベストです。

 

例)「外は暑かったですよね(共感)、冷房を強くしましょうか?(改善策)」

 

この共感+改善は使い勝手が良い、気遣いの言葉を掛けるテクニックなので是非覚えておいてください。

 

他にも外が雨でびしょびしょになっていたら、こんな言葉の掛け方も効果的です。
例)「雨で濡れてしまって、お体が冷えたでしょう(共感)、何か拭くものをお持ちしましょうか?(改善策)」

 

ポイントは、改善策に具体的なアクションを伝えることです。
「外は暑くありませんでしたか?」「雨で濡れませんでしたか?」では物足りません。

 

日本人はシャイなので、こういった言葉を口に出すのが苦手です。
でも、誰でも気遣いされれば嬉しいものです。
困っている人を見かけたら、「大丈夫ですか」だけでも相手は救われます。
そしてなにより、声掛けしたあなた自信が気持ち良くなっていることに気付くはずです。

 

よく観察し、気付いたことは恥ずかしがらずに口に出す。
これが気遣いの言葉を掛けるときの鉄則です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク