雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する

スポンサードリンク

雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する

特に初対面の人と話すときには、話題選びに困ることがあります。
当たり障りのない話では盛り上がらないですし、かと言って自分の好きなことだけ話すわけにもいきません。

 

そこで意識するのが話題の「タテ」「ヨコ」です。
雑談で大切なのは相手に楽しんでもらうこと。
相手が話したいネタをいつでも見つけることができれば、もうそれだけで雑談上手です。

 

雑談における「タテ」とは話の深さ。
「ヨコ」とは話の広さです。

 

色々な話題を「ヨコ」に展開していきながら、相手が何に興味があるのかを探ります。
相手が乗ってきた話題に気付けたら、それを「タテ」に掘り下げていきます。
これを意識するだけで、聞き上手になることもできます。

 

実際に振っていく話題は、当たり障りのない話が良いでしょう。
ヒット率が高い話題は、まず家族、趣味。
次にテレビ、健康、仕事や最近のニュース、天気あたりがおすすめです。

 

「最近、天気が不安定ですよね。今週は週間天気では雨続きみたいです。」(天気)
「たしかに雨続きですね」
「週末は家族と出掛ける予定を変更しようかと(家族)、週末は何か予定ありましたか?(趣味)」
「ええ、実はツーリングが趣味で、週末は遠出しようかと思ってたんです」
「ツーリングですか、素敵ですね。遠出なさるんですか?」

 

というように、相手が乗ってくるまでヨコに話題を振り、乗ったらタテの掘ってみてください。
引っかかる感覚は、数をこなせば見えてきます。
ヨコに広げるために使いやすいキーワードは、「ちなみに」「ところで」です。
これから話題を少し変えますよ、というメッセージを柔らかく伝えられるので、相手に違和感を与えにくくなります。

 

スポンサードリンク

 

 

「何か動物は飼っていますか?」
「はい、犬と猫を飼っています。」
「両方なんてスゴイですね。ご家族が動物好きなんですか?」
「ええ、妻が動物好きなんですよ」
「ちなみに、お子さんはいまおいくつでしたっけ?」
「小学校2年生になりました」
「ところで、そろそろ運動会シーズンですよね」
「そうなんですよ。先週の日曜日なんて運動会の場所取りのために朝4時から並ばされました(笑)」

 

こんな具合で「ちなみに」「ところで」を使って、なるべく関連のある話から動物→家族→運動会と繋げていきます。
ちなみにヨコに探る話題ですが、政治や宗教の話はやめておきましょう。。
下ネタや恋愛ネタもある程度距離が縮まるまでは、やめておいた方が無難です。

 

そしてさっきの例で「運動会」のキーワードに反応したな、と思ったら、今度はタテに深堀りしていきます。
深堀りに使いやすいキーワードは5W1H、「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どうした」「どうやって」です。

 

「へぇ!朝4時ですか!場所取りってどこに並ぶものなんですか?(どこで)」
「校門の前ですね。1番かと思ったらもう10人位並んでました」
「それは大変でしたね。ちなみに並んだのお父さんだけ・・・?(誰と)」
「もちろん、私だけです(笑)ちなみに先に並んでるのも、みんなお父さん1人だけで並んでました(笑)」
「みんな同じ境遇なんですね(笑)ちなみに待ってるときは何してたんですか?(どうやって)」
「ひたすらスマホでゲームしてました(笑)」

 

といった具合でタテに掘っていきます。
タテに掘るなかで、また喰いつきの良いキーワードが出てきたらそこからさらに、掘っていく・・・ということをすれば永遠に話題を繋げることができます。
話題はタテとヨコをイメージする。是非心掛けてみてください。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくるとっておきの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談は連想ゲームで話題を広げて、8対2の割合で話をしてもらう
挨拶のあとの一言で、挨拶後の雑談と会話が楽になる
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ
雑談に自信がない人は、落語を聞くのがオススメ
雑談は中身がないから意味がない?する意味あるの?
雑談にオチや結論はいらない?上手な雑談の切り上げ方
雑談では褒める!雑談が続かないときはとりあえず褒めよう
雑談では否定・ネガティブな反応はしないようにする
異性との雑談のコツは、知らないことはその場で聞くこと
喫茶店を使えば雑談が盛り上がる
雑談のタブー「一問一答で返事する」
雑談では相手との共通点で盛り上がる
時事ネタを使った雑談のコツは「すぐに使いきること」
日常生活の疑問が、雑談では面白い話題になる
自分だけのコミュニケーションツールで会話を盛り上げる
ビジネスマンにとって雑談ができるメリットとは?
仕事中の雑談には「ながら雑談」がオススメ
雑談が上手くなりたいなら、接客業の店員さんをお手本にしてみよう
社長やリーダーには雑談力が求められる
クレーム対策として雑談をフル活用しよう
雑談や話し方が上手くなるオススメの漫画はこれ
雑談ではリアクションを意識しよう
雑談が上手くなりたいなら「落語」をお手本にしよう
雑談のメリットとは?人間関係に効果的な雑談
雑談力が上がれば、英会話だって上手くなる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術