笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法

スポンサードリンク

笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法

笑いを上手に取るためには話題とネタにも気を付けなくてはいけません。
相手を笑わすために一番必要なのは、「相手の共感」です。
全く共感されない自慢話が全く笑いを取れないこと、そして共感されやすい家族の話題がお笑い番組でしきりに話されていることからも分かると思います。

 

 

笑いを取ることは、相手の理解と共感を得ることがスタートです。
これは絶対原則なので忘れないようにしましょう。

 

では、共感を得られやすい、言いかえれば笑いを取りやすい話題やネタを具体的に見ていきましょう。

 

情けない話

自慢話はまったくウケません。
つまり逆を言えば自分の情けない話は笑いを取りやすいです。
人は誰しも恥ずかしい思いをしたことがありますので、共感を得やすい話題になります。

 

 

スポンサードリンク

 

話し手としては自分の情けない話をするのは恥ずかしいかもしれませんが、笑いが取れる上、相手との距離が縮まるというおまけの効果がありますので、積極的に話すべきでしょう。
同じように自分が抱えているコンプレックスを話すのも有効です。
この人はこんなことを私に話してくれるのか、と聞き手も嬉しくなるでしょう。

 

とは言えあまりにもシリアスで深刻な話題には気を付けてください。
自虐も行き過ぎると引かれてしまいます。
笑いに出来る程度の情けない話、コンプレックスを話しましょう。

 

例え話

例えることで、相手の頭の中に映像が浮かびます。
その例えが鮮明に画像になるようにすればするほど、相手は共感し、笑ってくれます。
決して面白い例えをしろという訳ではありません。
狙わなくても相手の頭の中で面白い画像が浮かべば勝手に笑ってくれます。
日頃から例え話レパートリーを鍛えておきましょう。
相手がイメージしやすい生活の周りにあるもので例えるとなお効果的です。
日頃から意識しておくと、ホームラン級の面白い例えが見つかったりします。

 

この2つは特に笑いを取りやすい、おすすめの話題です。
笑い取りたいなら、是非積極的に使ってみてください。

 

スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法関連ページ

大切な心構え
下ネタで笑いを取る
おおげさな言い回し
勘違い
たとえ話
人の真似で笑わせる
一言で笑いを取る
ボケのメカニズムを知ればいつでも笑いが取れるようになる
短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる
ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし
擬音語・擬態語「オノマトペ」を使うと笑いが取れる
ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる
スマホをネタ帳にすれば、もっと笑いが取れるようになる
自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる
共感+「でも○○じゃないですか」で話がどこまでも続く
笑いが取れたら1回休み。引っ張りすぎないのが会話のコツ
自己紹介のコツは「相手に見えている自分」を上手く使うこと
スベったときこそ笑いが取れるチャンス。ウケるマジックフレーズ
誰でも簡単に出来る2つの「オチ」の付け方と作り方
上手ないじり方10選|笑いが取れるいじり方をマスターしよう
上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!
上司や先輩のいじり方|可愛がられるいじり方
イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる
テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方
「話がつまらない人の特徴」を知れば、スベり予防に役立つ
笑いやユーモアのセンスを磨くとメリットがいっぱい
キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる
ピクチャートークで映像化すれば笑いが取れる
笑いを取るための「勉強法」と「トレーニング法」とは

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術