雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法

雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法

あがり症や口下手の人、コミュニケーションを取るのが苦手な人が、自分から他人に話かけるのは非常な勇気が必要です。
このため、雑談の腕を磨きたくても、どこでどのように実践すればいいのかわからないという人も多いと思います。

 

そこで、雑談力を磨くために日頃からできるトレーニングがあります。
簡単なトレーニングから少しずつレベルアップしていきましょう。

 

ステップ1 知らない人と一言だけ話す

まずは、「知らない人と簡単に話す」トレーニングです。
エレベーターのドアの入り口に立って「何階ですか?」と聞くところから始めましょう。
最初は緊張で、声が小さく低くなりがちなので、高め大き目の声を意識しましょう。

 

他にもお店のお会計のときに、一言添えるのもいいトレーニングです。
会計でお釣りを受け取るときに、「ありがとうございます」や「ごちそうさまでした」と添えてみましょう。
そこから徐々に、「素晴らしい接客ですね」や「アジフライが最高でした。ファンになっちゃいましたよ」といった具合に相手を喜ばせるような一言が出てくるように練習してみてください。

 

スポンサードリンク

 

ここまでのトレーニングでも、人と話すことがかなり楽になります。
さらに上を目指すなら、場数を増やしましょう。
慣れていない場で雑談をする機会を作ります。

 

ステップ2 話しやすい人と軽い雑談をする

話しやすい練習相手としておすすめなのが、オバチャン、犬の散歩をしている飼い主さん、赤ちゃん連れのお母さんです。

 

まずオバチャンですが、大阪のオバチャンの話し好きユーモアセンスは全国的によく知られています。
しかし、なにも大阪でなくても日本のオバチャンの多くが話し好きです。
女性は男性に比べてコミュニケーション能力が高い人が多いですし、おしゃべり好きです。
ふだんから雑談を息を吸うように行っている人が多いのです。特に40代から60代のオバチャンは、雑談スキルの高い人が多く、誰でも分け隔てなく話してくれます。
もちろん、人見知りや口下手な人も差別しません。

 

試しに、近所のお惣菜屋さんやパン屋さん、お弁当屋さん、スーパー、食堂などで働くオバチャンの店員さんなどと話してみましょう。
いずれも客商売ですから、誰とでも話し慣れています。

 

時には、相手から話しかけてくれることも多いのではないでしょうか。
例えば「お兄ちゃん、これオマケしとくね」、「今日は寒いね」、「そんな格好で、寒くないの?」など。
そんなときこそチャンスです。「オマケですか!嬉しいな、これ大好物です」、「ほんと寒くなりましたね、僕の懐と同じです」、「ダテの薄着です。正直いって寒いですね」など、何でもいいのです。
一言、返してみましょう。一度言葉を交わすと、次からもオバチャンは話しかけてくれることが多くなります。
気軽に一言、二言話せるオバチャンがいると、心強いですね。
オバチャンを雑談のお師匠様にして、練習させてもらいましょう。

 

犬の散歩をしている飼い主さんも、話しかけやすい人の代表選手です。
特に自分が犬を飼っている人は、このチャンスをぜひモノにしましょう。
たとえ犬を飼っていなくても、犬の散歩をしている人に飼い犬を誉めると喜んでくれます。

 

「かわいいワンちゃんですね。何という種類ですか?」、「かしこいワンちゃんですね、何歳ですか?」。

 

飼い主さんは、飼い犬を家族同様にかわいがっています。
我が子のように溺愛している人も、少なくありません。犬を散歩させている飼い主さんは、人に話しかける練習の、絶好の相手といえます。

 

また、赤ちゃん連れで外出しているお母さんも話しかけやすいです。
赤ちゃんを抱っこしているお母さんが電車に乗ってきたら、「こちらの席にどうぞ」と、席を譲ってあげましょう。

 

また、隣の席の赤ちゃんがむずがって泣いてしまい、お母さんが「すいません」と謝ってきたときも、雑談のチャンスです。
「バアー」と、赤ちゃんをあやし、「赤ちゃんを連れての外出は大変ですね」などと話しかけましょう。
このような場の会話は、電車に乗っている間だけで終わってしまいます。
ですから、気楽に話せるというメリットがあります。

 

自分から話しかけられないという人は、オバチャン、犬を連れた飼い主さん、赤ちゃん連れのお母さんに、ぜひ練習台になってもらいましょう。

スポンサードリンク

 

ステップ3 ハードルを上げていく

初めて行くバーや美容室で、雑談をする。
タクシーの運転手と雑談をする。
思い切ってパーティに参加してみる。といった具合です。
自分の力試しと、実力アップが同時に出来るおすすめのトレーニングです。

 

特におすすめなのがタクシーの運転手さん。
ストレスがたまったときの相談相手としても、とてもいい話相手になります。
何かイヤなことがあったら、タクシーに乗ってみましょう。
そして運転手さんに、「客相場だから大変でしょう?」、「イヤなこととか言われませんか?」、「客なんだから何を言ってもいいとか思っている人も多いんじゃないですか?」など、自分が感じているストレスを“質問”するフリをして、相手に話してもらいましょう。

 

そうすれば、運転手さんはここぞとばかりに話してくれます。「いやー、いますよ、そういう人」などと、自分の経験談を披露してくれるはずです。
タクシーでの運転手さんとの会話は、お互いが進行方向を向いていますから、直接目を合わせて話すわけではありません。
こちらは風景を見たり、相手の後ろ姿を見たりしながら、運転手さんはバックミラーであなたのほうを時々チラッと見ながら話すことになります。ですから、対面で話すよりリラックスできます。そ
して、相手の話に合わせて、自分からグチをこぼすこともできます。

 

話し下手、人見知りをする人は、知っている人に対しても雑談で気軽にグチをこぼせないという人も多いのではないでしょうか。しかし、タクシーの運転者さんは一期一会です。タクシーに乗っている間だけのお付き合いですから、旅の恥はかき捨てではありませんが、それほど気負わずにグチをこぼすことができます。特に、自分から話しかけるのが苦手という人は、オバチャン、犬の飼い主、赤ちゃんを連れたお母さんと同じくらい効果的な練習相手となってくれるのではないでしょうか。

 

それにタクシーの運転手さんは、毎日毎日、色々なお客さんを乗せていますから、エピソードの宝庫です。こんなおもしろいお客さんがいた、こんなイヤなお客さんがいたとユニークな体験談をたくさんもっています。生きた人間模様を聞けるというのも、タクシー運転手さんと話す大きなメリットです。

 

つまり、「人から聞いた話」のネタの宝庫なのです。このときに聞いた話を、「タクシーの運転手さんから聞いた話なんだけどね……」と、雑談ネタとして使うことができます。
タクシーに乗ったら黙っているのはもったいないですよ。積極的に話しかけて、運転手さんのネタを自分のものにしてしまいましょう。

 

スポンサードリンク

 

ステップ4 会社などで30秒雑談に挑戦する

社内の廊下で顔を合わせたときに、トイレで手を洗っているときなど、ほんのちょっとの出会いを雑談に生かすことができます。
このような状況での雑談は、せいぜい30秒程度でしょう。

 

一昔前は雑談と言えば、終業後に飲み屋で一杯やりながら、または昼食を一緒に食べながらなど、じっくりと腰を据えて話すのが一般的でした。でも最近は、会社の人との飲み会を嫌がる人も多いですね。

 

昔は、上司に飲み会にさそわれたらまず断らないのが常識でしたが、今の若い人の中には、パワーハラスメントと感じる人もいるのではないでしょうか。ランチに誘われても、「お弁当ですから」などと断る人もいます。

 

しかし30秒程度なら、それほど精神的な負担を感じずに雑談できるのではないでしょうか。
人と人とのつながりが希薄になっており、何事もスピーディーに効率的に進めようという風潮の中では、悠長に長話をしている時間をムダと感じる人も多いものです。
しかし、30秒の会話なら、このような現代のニーズにぴったりなのではないでしょうか。

 

わずか30秒で何が話せるのかと思うかもしれませんが、30秒は意外と長いものです。

 

出会い頭の雑談であっても、30秒で何かしらまとまった会話が交わせます。1分も話をすれば、かなり込み入ったことまで話せます。

 

廊下で出会ったときに「お疲れ」、「よお」と挨拶をするのに5秒もあれば十分です。その後の残りを雑談にするとして、じっさいに時計で計りながら、30秒間話してみてください。たぶん、15秒も経たないうちに、言葉が出てこなくなったという人が大勢いると思います。

 

スポンサードリンク

 

たとえば、「こないだ話してたあの映画、日曜日に見に行ってきたよ。期待以上におもしろくて驚いた」、「そうなんだ。行こうかどうしようか迷ってたんだ。」「主演もいいんだけど、脇を固める俳優陣がベテラン揃いで重厚感があって、引き込まれたよ」、「そっか、じゃあオレも行ってみよう」。30秒もあれば、これくらいまとまった会話ができます。

 

ただ、出会い頭の雑談は、挨拶に続く一言が、なかなか出てこないことも多いものです。ある程度のボリュームのある話題を、相手に合わせて話すのは、話し下手の人にとっては難しいことだと思います。

 

このようなときに困らないために、日頃から出会い頭の雑談で話すネタをストックしておくことをおすすめします。話のネタのストックが多いほど、同僚や先輩、上司などいろいろな人に話しかけられるようなります。

 

これは経理の○○さんに話そう、この話題は先輩がよろこびそうだなと、ストックの中から相手に合わせてネタを選べるようになったらしめたものです。出会い頭が待ち遠しくなるような、ネタを探してみましょう。

 

阪神ファンの先輩なら、阪神が勝った翌日に、試合のことを話題にすると盛り上がるでしょう。ディズニーが大好きな女子社員には、ディズニーネタ、ゴルフが趣味の上司にはゴルフネタなど、相手に合わせたネタを集めてみましょう。また、オールマイティーに誰にでも話すことができる話題も用意しておくと、万全です。

 

社内の廊下で出会ったときだけでなく、道を歩いていて知り合いとばったり出くわしたときなどにも、使えるのではないでしょうか。

 

30秒だけ雑談すると決めて、何度も練習したり、実践を繰り返したりすれば、雑談への抵抗力が少なくなって、どんどん雑談が上手になっていきます。出会い頭の30秒の会話は、雑談の腕を上げる格好のトレーニングです。

 

負荷をかければかけるほど、話す力は向上します。
会社の朝礼で話す機会があるなら、笑いを取ってみる。
結婚式でスピーチを頼まれたら、積極的に引き受ける。
などなど話す機会を積極的に活用してみてください。

 

何事もいきなりできることはありません。
全ては日常の延長です。
話す力も日々の積み重ねが全てです。

 

スポンサードリンク


雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくるとっておきの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談は連想ゲームで話題を広げて、8対2の割合で話をしてもらう
挨拶のあとの一言で、挨拶後の雑談と会話が楽になる
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ
雑談に自信がない人は、落語を聞くのがオススメ
雑談は中身がないから意味がない?する意味あるの?
雑談にオチや結論はいらない?上手な雑談の切り上げ方
雑談では褒める!雑談が続かないときはとりあえず褒めよう
雑談では否定・ネガティブな反応はしないようにする
異性との雑談のコツは、知らないことはその場で聞くこと
喫茶店を使えば雑談が盛り上がる
雑談のタブー「一問一答で返事する」
雑談では相手との共通点で盛り上がる
時事ネタを使った雑談のコツは「すぐに使いきること」
日常生活の疑問が、雑談では面白い話題になる
自分だけのコミュニケーションツールで会話を盛り上げる
ビジネスマンにとって雑談ができるメリットとは?
仕事中の雑談には「ながら雑談」がオススメ
雑談が上手くなりたいなら、接客業の店員さんをお手本にしてみよう
社長やリーダーには雑談力が求められる
クレーム対策として雑談をフル活用しよう
雑談や話し方が上手くなるオススメの漫画はこれ
雑談ではリアクションを意識しよう
雑談が上手くなりたいなら「落語」をお手本にしよう
雑談のメリットとは?人間関係に効果的な雑談
雑談力が上がれば、英会話だって上手くなる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術