スポンサードリンク

雑談ができない人必見!苦手意識を克服する雑談のコツ50選

 

雑談はまずテンポを合わせよう

雑談では「何を話すか」に重きを置かれがちですが、「どう話すか」も重要です。
メラビアンの法則で言えば、言語情報7%、聴覚情報38%、視覚情報55%の情報の割合で相手の印象が決まると言われています。
雑談でいえば相手とテンポを合わせると、安心感を与えることができます。
具体的にはミラーリングを使い、相手の所作に合わせると徐々にテンポが合ってきます。
詳しくはこちら:雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは

 

俺も、私もは「危ない言葉」

相手が自分と同じような経験をしていると分かると、「私も似たような経験があって、実は~」とつい嬉しくなって言ってしまうことがあると思います。
気持ちは分かりますが、雑談中の「俺も」「私も」はリスクがあるためおすすめしません。
その理由の一つは、相手がまだ話したいことがあるのに、途中で話の横取りをしてしまう可能性があること。
もう一つは、似たような話をすることで「相手だけの特別感」が薄れてしまう可能性があることです。
詳しくはこちら:雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ

 

最初の一言を決めておけば安心

天気の話から入る、仕事の話から入る、近況の話から入る。雑談に入る一言を何パターンか決めてしまうと入口が楽になります。
「今日も暑いですね」「相変わらず忙しそうですね」「最近どうですか」などなど。
雑談に入る枕詞のパターンをいくつか持っておきましょう。
詳しくはこちら:雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる

 

スポンサードリンク

 

「はい、いいえ」で終わらない質問をしよう

「旅行は好きですか?」のような「はい、いいえ」で答えられる質問をクローズドクエスチョンといいます。
短い返事で答えやすいというメリットはありますが、話の広がりはあまり期待できません。
なので雑談では「おすすめの旅行先はどこですか?」というような、「はい、いいえ」で答えられないオープンドクエスチョンを積極的に使うといいです。
クローズドクエスチョン→オープンドクエスチョンという、ボクシングでいう「ワンツー」のようなコンビネーションも効果的です。
詳しくはこちら:雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない

 

「なぜ」「どうやって」を聞けば雑談は続く

6W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうした、どのように)を質問するオープンドクエスチョンは雑談に有効です。
その中で特に相手の話が広がりやすいのは「なぜ?」と「どうやって?」です。
これらの聞き方は話し手の人となりが出やすいので、雑談で質問に困ったらまずは「WHY」と「HOW」を意識しましょう。
詳しくはこちら:「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる

 

自然と質問が浮かんでくる聞き方をしよう

自然と質問が浮かんでくる聞き方はズバリ、相手の話を「頭の中で映像化すること」です。
雑談相手が「高校時代に野球部のマネージャーをやっていた」と話したとします。
そうしたらあなたは頭の中で、例えば、話し相手がマネージャーとしてベンチで声援を送ってる姿を想像します。
知ってる野球漫画、野球ドラマ、野球映画のシーンに置き換えるのも効果的です。
そうすると「レギュラー発表のときはどんな心境なの?」「やっぱりキャプテンとマネージャーのロマンスはあるの?」などの質問が自然と浮かんでくるはずです。
詳しくはこちら:自然と質問が浮かんでくるとっておきの「聞き方のコツ」

 

具体的な言葉を使おう

頭に映像化できれば質問が自然と浮かんでくると説明しました。
今度は逆に聞き手の頭に映像化させるテクニックです。
お笑い芸人もよく使う方法ですが、それは「なるべく具体的な言葉を使うこと」です。
「大きなステーキ」と「アツアツの鉄板に乗った500gの分厚いサーロインステーキ」だと、どちらが映像化したでしょうか。
数字やディテールなど、なるべく具体的に話すと相手の想像力を刺激できます。
詳しくはこちら:とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる

 

スポンサードリンク

 

積極的に自己開示しよう

恥ずかしがって自分のことをあまり話さない方がいますが、とても勿体ないです。
人はよく知らないものに不安や恐怖を感じますので、適度に自己開示すると雑談に安心感が生まれます。
特におすすめなのが失敗談の自己開示です。
人に弱みを見せて場を和ませるあなたに、相手は好感を抱くはずです。
詳しくはこちら:雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ

 

「オノマトペ」を使おう

オノマトペはフランス語で「擬音語・擬態語」のことです。
猫が「ニャーニャー」鳴く、犬が「ワンワン」吠える、星が「キラキラ」光るなどなど。
オノマトペの効果は、聞き手の頭に映像化させることです。
映像化するほど笑いが取りやすいので、宮川大輔さんなどのお笑い芸人の方々もよく使ってるテクニックです。
詳しくはこちら:擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう

 

「目的」を決めてから質問してみよう

ただ単に雑談を続けるだけの質問をすると、話があちこちに飛んでしまいがちです。
質問するときは、雑談の中で知りたいことを「目的化」するといいでしょう。
「この雑談で相手のプライベートの過ごし方を教えてもらう」「趣味の魅力を語ってもらう」
このように明確にテーマを決めてから話に一本芯が通って質問がブレなくなります。
詳しくはこちら:目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく

 

雑談中は話題の「ヨコ」「タテ」をイメージしよう

雑談での話題選びには常に「ヨコ」と「タテ」を意識しましょう。
違う話題にするのが「ヨコ」、同じ話題を堀下げるのは「タテ」です。
雑談ではまずは話題を横に広げていき相手の好みを探り、食いついた話題で深堀りしていくイメージです。
詳しくはこちら:雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する

 

笑いではなく、興味を引こう

雑談で笑いが取れればそれに越したことはありません。
しかし人によってツボも違うので滑るリスクがありますし、優しい相手なら作り笑いで疲れさせてしまうかもしれません。
そのため雑談では「相手の興味を引ける」話題の方が無難です。
日頃からお得なネタを集めておくのも有効ですし、相手の趣味が分かっていれば関連した情報にアンテナを張っておくといいでしょう。
詳しくはこちら:「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK

 

スポンサードリンク

 

事前に情報を集めれば怖いもの無し

事前に情報収集ができれば、雑談に恐いものはありません。
会う相手の情報が調べられればいいですが、そうでなければ会う場所の情報でも構いません。
例えば相手の会社で打ち合わせがあるときには、早めに最寄り駅に着いて「どういう店があるのか見ておく」程度でもOKです。
それだけでも雑談の糸口になります。
詳しくはこちら:雑談上手は、事前に情報を集めておく

 

メモを取ろう

雑談で相手の情報を仕入れられたら、それはお宝情報です。是非覚えておいてください。
とはいえずっと覚えておくのは無理なので、まずは忘れないうちにメモに残しておきましょう。
スマホを持っていれば、メモアプリに入れておくだけでも十分です。
次に話すときに「そういえばあの話~」ともう一度話題にするだけで、相手は「あの話し覚えててくれたのか」と感動してくれます。
詳しくはこちら:メモを取るだけで雑談上手になれる

 

話は大げさに盛ろう

「駅前の喫茶店に美人の店員がいた」
「駅前の喫茶店に思わず二度見しちゃうくらいの美人の店員がいた」
だと後者の方が聞き手は「え、そんなに!?」と思わず興味が出てしまうものです。
話の盛り方のコツは100%嘘話ではなく、本当にあった事実を大げさに盛ること。
完全なフィクションだと、どうしても嘘っぽさが出てしまいます。
あくまで聞き手を楽しませるサービスのつもりで話を盛りましょう。
詳しくはこちら:話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる

 

雑談力を磨く練習方法

雑談の練習方法ですが、基本的に3つのステップがあります。
まずは第一段階として「他人と一言だけ話すこと」。
エレベーターで「何階ですか?」、飲食店で会計時「ごちそうさまでした」くらいが言えるようにします。
ここまででもかなり雑談が楽になりますが、第二段階は「話しかけやすい他人と世間話すること」。
話し好きそうなおばちゃん、犬を散歩中の人、赤ちゃん連れの人などと一言二言世間話できるようにします。
最後は拘束時間が長いシチュエーションで雑談をすること。
美容院、タクシーなどで楽しく雑談できるようにします。
ここまでくれば雑談に恐いものはありません。
詳しくはこちら:雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法

 

スポンサードリンク

 

話しかけやすい人になる練習方法は?

話しかけやすい人になりたいなら、リアクションを豊かにするといいでしょう。
リアクションが薄く、ムスッとしている人には誰も話しかけたくなりません。
誰かといるときに感じたことをなるべく口に出すことが、リアクションの良い練習になります。
「この唐揚げサクサク」「風が冷えて秋っぽい」「明日から三連休で無敵」などなどなんでも構いません。
反応して言葉に出すこと自体がトレーニングになります。
テレビを見ながら独り言のように「ツッコミ」を入れるのも良いですね。
詳しくはこちら:話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法

 

仲間意識を刺激しよう

仲間意識を刺激できると、雑談が自然に盛り上がります。
喫煙所で話が広がりやすいのは、「喫煙者同士」という仲間意識が一つの要因です。
趣味、家族構成、故郷、好物などなんでも構いません。
共通点があれば、仲間意識として活用しましょう。
詳しくはこちら:仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる

 

相手の得意分野を知ろう

相手の得意分野、趣味が分かっていれば雑談は楽になります。
得意分野は話したくて仕方ないジャンルなので、その話を振れば自然と盛り上がるからです。
Aさんはラーメン、Bさんはテニス、Cさんはお酒・・・と控えておいて、アンテナを張っておけば自然と雑談ネタも集まってきます。
詳しくはこちら:相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物

 

相手の質問には「返事+一言」で返そう

質問を受けたら、返事に一言二言付けて返すよう心掛けてください。
例えば「土日はお出かけしたの?」と聞かれた場合。
「いいえ、家でダラダラしてました」だけだと少し物足りないです。
「いいえ、家でダラダラしてました。いけませんよね・・・最近運動不足で5kg太っちゃいました。」
こういうプラスの一言を付けると、そこからまた雑談になっていく可能性があります。
短すぎる返事では、質問した側も冷たい印象を受けてしまいます。
詳しくはこちら:相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる

 

スポンサードリンク

 

見栄を張らないように気を付けよう

雑談のときは見栄を張らずに、自然体で接した方がうまくいくことが多いです。
例えばアニメを観ることが趣味なのに、恥ずかしくてつい「読書が趣味です」と言ってしまった場合。
そのあと「最近読んだ本は?」「おすすめの本はありますか?」などと聞かれても上手く答えることができないと思います。
見栄を張って嘘をつかなければ、何を聞かれても大丈夫。ドンと構えられます。
詳しくはこちら:見栄を張らなければ話しやすい人になれる

 

小道具を使おう

雑談で使いやすい小道具が「名刺」「新聞」「雑誌」です。
名刺はビジネスシーンで交換したタイミングで、「名前の読み方」「デザイン」などで雑談ができます。
「新聞・雑誌」は例えば会社のデスクで「○○と××が結婚するのか・・・」と独り言を言って隣の人が反応したら「この記事見てくださいよ~」と雑談に繋げることができます。
詳しくはこちら:

 

連想ゲームで話題を広げよう

雑談では「全然話が違うんだけど」と次の話題に行くより、「○○といえば思い出したんだけど~」と繋げた方が自然です。
それができるようになるには連想ゲームが良い練習になります。
詳しくはこちら:雑談は連想ゲームで話題を広げて、8対2の割合で話をしてもらう

 

「あいさつ+一言」を意識しよう

あいさつをしたら、そのままもう一言くっつければ雑談のとっかかりになります。
会社での雑談なら一言で使うのにおすすめなのは、「昨日のこと」「天気」「電車のこと」「仕事のこと」「相手の変化」「自分の変化」。
このあたりから探せば、追加する一言が見つかりやすいです。
詳しくはこちら:挨拶のあとの一言で、挨拶後の雑談と会話が楽になる

 

盛り上がってる雑談の中への入り方

既に盛り上がっている雑談の中に入るのには勇気がいります。
邪魔しないように入っていくには、まずはあなたの一番側にいる人に声を掛けるといいでしょう。
その後一度会話が途切れたときに、あなたが「ところで、さっきは何であんなに盛り上がってたの?」と聞くと、再度場を盛り上げることができます。
詳しくはこちら:雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方

 

スポンサードリンク

 

無口な人の雑談は一言でもOK

無口な人は最初から無理してたくさん話さなくても大丈夫です。
既に「無口な人」という印象があれば、たとえ会話が一言だけでも、周りはしっかりと会話したと思ってくれています。
まずは雑談で一言話すところからスタートしましょう。
詳しくはこちら:無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する

 

シーン別で雑談の「ひな型」

冠婚葬祭、ビジネス、プライベート。
シーンによって雑談の仕方も変わってきます。
それぞれのシーンでの立ち振る舞い、雑談のひな型をご用意したので参考にしてください。
詳しくはこちら:シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない

 

反応が薄い人との雑談の仕方

何を話してもあまり反応が返ってこない人と雑談するときはどうすればいいでしょうか。
①話しながら相手の目を見る、②話し終わったあとも目を見続ける、③反応がなければ自分から頷く
雑談を嫌がってるわけでなければ、ここまですると相手から何かしらのリアクションが出てくるはずです。
逆にこれでも相手が無反応だった場合、雑談すること自体を嫌がっている可能性があるので、そのときは無理に話を続けないほうがいいでしょう。
詳しくはこちら:反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる

 

階層化すると分かりやすく伝わる

階層化というのは、フォルダ分けのようなイメージです。
たくさんの事柄を分かりやすく説明するときに効果があります。
例えば自分の長所を①責任感がある、②真面目、③友人が多い、としてそれぞれの下に具体的なエピソードを紐づけておきます。
すると整理して話すことができるようになります。就職面接なんかでも使えるテクニックです。
詳しくはこちら:分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック

 

相手によって話し方を変えよう

性格は大きく「大人しい系」「盛り上げ系」「インテリ系」「リーダー系」の4種類に分類することができ、日本人は4:2:2:1の割合と言われています。
「大人しい系」の人には「結論を急がない」
「盛り上げ系」の人には「ノリを大切にする」
「インテリ系」の人には「不明点をきちんと説明する」
「リーダー系」の人には「はっきりとものを言う」
性格のタイプによって心に響く話し方が変わってきますので、雑談時にも相手がどのタイプなのか分析してみるといいでしょう。
詳しくはこちら:相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

 

スポンサードリンク

 

雑談上手になりたいなら落語を聞こう

落語には噺に入る前に「マクラ」と呼ばれる導入部分があります。
「こんなに良い天気なのに落語聞きに来るなんて、皆さん家に居場所がないんですね~」
などと世間話をしながら会場の笑いを取って、場を温めてから自然に本編に入っていきます。
落語のマクラ部分には、プロの雑談のイロハがぎっしりと詰まっています。
詳しくはこちら:

 

中身がないなら、雑談には意味がない?

確かに雑談にはあまり中身がありません。
なら雑談には意味がないのかという話になりそうですが、そうではありません。
雑談の目的は「人との距離を詰めること」です。
機械同士なら不要ですが、人と人との関わり合いがある以上、雑談は必要なものです。
詳しくはこちら:雑談は中身がないから意味がない?する意味あるの?

 

雑談にオチはいらない

芸人のように雑談にもオチを求める人がいますが、雑談を誤解しています。
テレビに出ているお笑い芸人さんたちは見事なオチで笑いを取りますが、あれはプロの技術です。
雑談にプロのトークはいりません。
人の距離を詰めるのが雑談の目的ですので、話し下手な方でも、無口な方でも、堂々と雑談していいんです。
詳しくはこちら:雑談にオチや結論はいらない?上手な雑談の切り上げ方

 

相手を褒めよう

褒められて嫌な人はいないので、雑談でも気が付いたことは是非褒めましょう。
褒めるという行為自体に、お互いの距離を近づける効果があります。
おすすめなのは身に付けているもの、ファッション、髪形をそれとなく褒める方法。
「素敵な時計ですね」「素敵な髪形ですね」などなど。嘘が嫌なら「ユニークな時計ですね」でも構いません。
あまりやりすぎると「おべっか」と思われて逆効果になるので、さりげなく褒めるようにしましょう。
詳しくはこちら:雑談では褒める!雑談が続かないときはとりあえず褒めよう

 

ネガティブな反応は避けよう

例えあなたが好きじゃないことを、雑談の中で相手が好きだと言っても、まずは受け入れることが大切です。
「私も好きです」とまでは言わなくて良いですが、少なくともネガティブな「私は嫌いです」「私は興味ありません」といった反応はしないようにしましょう。
あるアイドルが好きだと言われて、興味がなかったとしても「有名人の名前知らない私でも、名前知ってます。売れてますね~」などとポジティブな反応をするようにしましょう。
詳しくはこちら:雑談では否定・ネガティブな反応はしないようにする

 

スポンサードリンク

 

異性との雑談では疑問はその都度解消する

男性と女性では趣味や趣向が全然違います。
男性はコスメの話はよく分からないでしょうし、女性は赤提灯居酒屋の話はよく分からないと思います。
雑談は共通点があると盛り上がりやすいという意味では、やはり異性より同性の方が自然に雑談ができます。
異性と雑談するときは、分からない言葉が出てきたらその都度「それはどういうものですか?」と聞いてしまいましょう。
理解したいという姿勢を見せると、相手も好印象を持ちます。
詳しくはこちら:異性との雑談のコツは、知らないことはその場で聞くこと

 

喫茶店は雑談に最適

「お茶をしに来ている」という理由があるだけで、喫茶店だと気楽にリラックスした雰囲気で雑談ができます。
同様に「帰りに一杯やってく?」と入った居酒屋も、とても雑談しやすい場所です。
自然と話しやすくなるそういった場所を上手に利用しましょう。
詳しくはこちら:喫茶店を使えば雑談が盛り上がる

 

職場での雑談は一問一答にならないようにしよう

話しかけてくれた人はあなたとの距離を縮めようとしてくれています。
しかし仕事とプライベートをしっかり分けたいといった理由で、上司や先輩から質問されても「はい」や「いいえ」だけしか答えない若い方が増えています。
一問一答にしないで、最近気になってること、ハマッてることなどを加えて多少は自己開示しましょう。
世代が違う情報はそれだけで付加価値が付くので、なんでもない情報でも喜ばれたりもします。
詳しくはこちら:雑談のタブー「一問一答で返事する」

 

時事ネタは鮮度が命

毎日新しいニュースが流れているので、時事ネタはすぐに鮮度が落ちやすい話題です。
そのため時事ネタは仕入れたらすぐに使うのがベスト。
すぐに使えば「私もさっきスマホで見たばかり」といったリアルタイムな共感を得られたり、「え、知らなかった」という情報提供ができたりします。
詳しくはこちら:時事ネタを使った雑談のコツは「すぐに使いきること」

 

スポンサードリンク

 

日常生活での疑問は良いネタになる

何気ない日常の疑問は誰もが持ってるもので、だからこそ雑談の良いネタになります。
「アマゾンプライムは何が出来るの?」「格安スマホってデメリットないの?」
こういった「疑問があっても調べるほどじゃない」日常の疑問があればストックしておきましょう。
雑談で話題にすると「私も気になってた~」という共感する人や、「それはこうだよ」と教えてくれる人が出てきて話が盛り上がります。
詳しくはこちら:日常生活の疑問が、雑談では面白い話題になる

 

ビジネスで雑談ができるメリット

誰とでも雑談ができると、ビジネスにおいても大きく二つのメリットがあります。
一つは雑談において、臨機応変な対応が身につくこと。
どんな話題が出るか分からない雑談をこなすことで、予想外なことを言われたときの練習ができます。
もう一つが、雑談を通して誰とでも同じような態度で接することができるようになること。
会社内では様々な「派閥」や「上下関係」がありますが、そんな中でニュートラルな存在になれればそれだけで一目置かれるようになります。
詳しくはこちら:ビジネスマンにとって雑談ができるメリットとは?

 

仕事中は「ながら雑談」がおすすめ

仕事中におすすめなのが「ながら雑談」です。
仕事中に手を止めて雑談するのは難しいので、単純作業をしながら雑談をします。
ホッチキス止めなどの単純作業も、雑談しながらだとあっと言う間に終わりますし、話題がなくなっても作業があれば気になりません。
詳しくはこちら:仕事中の雑談には「ながら雑談」がオススメ

 

接客業の店員さんをお手本にしよう

接客業の店員さんは雑談に慣れている方が多いので、大変参考になります。
飲食店で「おすすめはなんですか?」と聞くだけでも、思わず食べたくなるような話し方を実演してくれたり。
店員さんに一言かけるクセを付けると、自然とお手本に触れる機会を増やせるのでおすすめです。
詳しくはこちら:雑談が上手くなりたいなら、接客業の店員さんをお手本にしてみよう

 

スポンサードリンク

 

リーダーには雑談力が求められる

社長やリーダーには周りが気をつかってくれるから自分から雑談しなくて大丈夫、と思っている方がいますが逆です。
そういったリーダーにこそ雑談力が求められています。
組織を円滑に回すにはコミュニケーションが大切ですし、そのためには雑談が有効です。
詳しくはこちら:社長やリーダーには雑談力が求められる

 

雑談でクレーム予防ができる

スーパーのレジ係の人がお釣りを500円間違えたとします。
このレジ係の人が常日頃から「今日は暑いですね、気を付けてください」などと一声掛けてくれる人だったら、「まぁ間違いは誰にでもあるか」となるかもしれません。
逆にいつもムスッとしてて「接客態度が悪いな」と思ってる人なら、一言言いたくもなると思います。
日頃から雑談でコミュニケーションを取れば、クレーム予防にもなります。
詳しくはこちら:クレーム対策として雑談をフル活用しよう

 

雑談が上手くなるおすすめマンガ

「じみへん」や「アフロ田中」といったマンガは、雑談のネタの宝庫です。
マンガなので楽しみながら雑談を学べるので、おすすめの書籍といえます。
雑談のノウハウを学びたいけど、ちゃんとした本を読むのは面倒・・・という方は是非マンガから入ってみてください。
詳しくはこちら:雑談や話し方が上手くなるオススメの漫画はこれ

 

雑談はリアクションが大事

雑談では必ずリアクションを返すように心掛けてください。
話にリアクションする、その反応にまた相手がリアクションする、というのが雑談の流れです。
リアクションが止まってしまったら、雑談も止まってしまいます。
何もオーバーなリアクションをする必要はありません、「何かしらの反応を示す」だけで十分です。
詳しくはこちら:雑談ではリアクションを意識しよう

 

スポンサードリンク

 

雑談で人間関係が良くなる

雑談は人との距離を縮めますが、効果はそれだけにとどまりません。
ストレス解消になる、あなた自身の行動のきっかけになる、他人を癒す、など様々な効果があります。
雑談が楽しくなれば人生はもっと豊かなものになります。
詳しくはこちら:雑談のメリットとは?人間関係に効果的な雑談

 

雑談ができれば、英会話もできる?

日本語で雑談するときにそこまで文法を気にしないのは、英語でも同じです。
単語とニュアンスが伝われば英語は通じます。
相槌が必要なのは英語も一緒ですが、おすすめの相槌は「Yes」そして「Me too」です。
「yes!」「mee too!」で雑談が盛り上がる、こういったテクニックは英語にも応用できます。
詳しくはこちら:雑談力が上がれば、英会話だって上手くなる

 

雑談は具体的にしよう

楽しく話をするためには、相手の心をリラックスさせることが大切です。
緊張した空気の中から、楽しい会話は生まれません。

 

楽しい空気を作るのに大切なのが「雑談」です。
世の中には話が続かない、と悩んでいる人も多いですね。
よくボキャブラリーが少ないから話が続かないと勘違いしている方も多いですが、雑談で大切なのは「話の振り方」と「返し方」です。

 

例えば、話の振り方です。
いつも遅くまで残業している人に話を振るとしましょう。
「毎日残業していて大変ですね」では少し物足りないですね。
これだと、「そうなんですよ」「仕事ができなくて・・」で話が終わってしまう可能性があります。
イエスノーで終わってしまう振り方よりも、具体的な話を盛り込むと話が広がります。

 

例えば「毎日残業してるみたいだけど、何時まで働いてるの?」とすれば「24時近くです」と帰ってきます。
そうすると終電に間に合うかどうかが気になりますよね。
「終電間に合うの?」
「それがこの間終電逃しちゃって、カプセルホテル泊まっちゃいました」
「カプセルホテルって~・・・」という具合に話が広がる可能性があります。

 

雑談は具体的にするのが、おすすめです。

 

スポンサードリンク


雑談ができない人必見!苦手意識を克服する雑談のコツ50選記事一覧

雑談の会話術の中で、意外に大事なのがテンポとリズムです。「何を話すか」よりも「どんなテンポで話すか」の方が実は大切なんです。相手のテンポを合わせて話をすると、「ミラーリング」効果が期待できます。(※ミラーリングとは心理学でも使われる言葉で、自分と似た行動をとっている人に好感を抱くことです。)テンポが合わないと「この人とは話がかみ合わない」という印象を与えてしまいます。人にはそれぞれ「気持ちいいテン...

「この間旅行で京都に行ってさ」と言ったときに、「俺もこの間奈良に旅行行ったよ~」と返して自分の話を始めてしまう人がいます。これ話泥棒です。相手の話したい気持ちを削ぐ、タブーが「俺も」「私も」です。相手は自分の経験したことが特別だと思って気持ちよく話をしています。あなたの話はここでは求められていません。相手が求めているのは、この場合、話を聞いてくれることです。「京都のどこいったの?」「ごはんは美味し...

雑談には様々なメリットがあります。・お互いの警戒心や緊張感を解く・意見が対立しない・相手の人柄や興味を知ることができる・自分の人柄を伝えることができるなどなど。とにかく「人に会ったらまず雑談」ができれば会話はスムーズに流れます。雑談は会話の準備運動です。しっかり準備運動をして体をあたためておけば、スポーツでもケガを防ぎ、パフォーマンスを上げることができます。会話でも同じです。雑談のメリットはわかっ...

はい、いいえで答えられてしまう質問は話が広がりにくいです。例えば「忙しいですか?」「楽しかったですか?」といった質問です。この質問では「はい」「いいえ」で話が終わってしまう可能性があります。雑談ではずんだ話をするには、ちょっと質問を工夫するといいでしょう。まずは「質問に5W1Hを絡める」工夫をしましょう。「いつどこでだれがなにをどのように」を意識します。上記の質問例を変えるなら、「忙しそうですが、...

「はい」「いいえ」で終わってしまうクローズドクエスチョンでは話が盛り上がりにくいので、「5W1H」を意識して質問をすることが望ましいです。「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって」を意識することが大事なのですが、この中で特に効果的なのが「なぜ」「どうやって」を質問することです。「いつ、どこで、誰が、何を」は情報を聞きだす質問なので無機質になりがちです。一方「なぜ、どうやって」の質問は相手の人と...

雑談中に質問が浮かばない、と悩んでいる方は多いです。そうすると「次は何を質問しよう」と焦ってしまい、話に集中できなくなってしまいます。これが話し手に伝わってしまうと、「この人話を聞いてないな」と思われます。雑談を盛り上げようとしたのに、相手を不快にしてしまっては本末転倒です。話を聞くときのコツは「無理に質問しようとせず、相手の話を理解しようとすることにエネルギーを注ぐこと」です。決して質問を見つけ...

雑談中は、とにかく具体的な言葉を組み込むよう心掛けてください。例えば「音楽は何が好きなの?」と聞かれた場合です。「ラップが好きで、学生時代はケツメイシにハマってました」「ロックが好きで、やっぱり矢沢永吉は最高ですね」このように具体的に答えてあげた方が、聞き手はリアクションしやすくなります。知っていればそれで話がはずみますし、知らなくても「それ、どういう曲?」って話が広がる可能性があります。漠然とし...

人と人が出会い、相手の印象を決定するのは最初の1分だと言われています。「好き」「好きでない」から「信頼できる」「信頼できない」まで、評価は出だしで決まります。相手を食事に誘う、仕事で提案する、その後の相手の反応はこの1分間でどんな印象を受けたで大きく左右します。ではどんな雑談をすれば、相手に好印象を持ってもらえるでしょう。会話の序盤では、適度な自己開示が効果的です。自己開示とは「自分はこんな人間な...

雑談は話す内容だけでなく、話し方も大切です。例えば、リズム良く話す、というのが一つ重要なテクニック。リズム良く、相手に伝わりやすく話すためには、「オノマトペを使う」「一文を短くする」のが有効です。オノマトペって?オノマトペを使うだけで、相手への伝わり方が変わります。芸能人もよく使うのがこのオノマトペ。オノマトペはフランス語で、音や感情を表す擬声語のことです。「効果音」と言ってもいいかもしれません。...

話が苦手な人の特徴として、話が伝わらないことが挙げられます。話が伝わらない原因は「なぜその話をするのか。その目的を決めてない」からです。ゴールが分からないので、聞き手も訳が分からなくるんです。「この話はこの結論が言いたい」「このオチで笑わせたい」という明確な目的持って話すようにしましょう。この目的は自分が話す場合でも必要ですし、相手に質問する場合にも必要です。「相手のプライベートな趣味を聞こう」「...

特に初対面の人と話すときには、話題選びに困ることがあります。当たり障りのない話では盛り上がらないですし、かと言って自分の好きなことだけ話すわけにもいきません。そこで意識するのが話題の「タテ」「ヨコ」です。雑談で大切なのは相手に楽しんでもらうこと。相手が話したいネタをいつでも見つけることができれば、もうそれだけで雑談上手です。雑談における「タテ」とは話の深さ。「ヨコ」とは話の広さです。色々な話題を「...

雑談というと相手を笑わせる、ウケる話をしないといけないと気負う方がいますが、無理に笑いを取る必要はありません。笑いよりむしろ相手が興味を引く話ができれば、それだけ楽しい雑談になります。相手が知りたいことを教えてあげるだけで、会話は盛り上がります。相手に「へぇそうなんだ!」と思ってもらえれば、「○○を教えてくれた人」と良い印象を残せます。ネタは違うジャンルで5つあれば、心強いです。どうやってネタを仕...

ローマは一日にしてならずといいますが、雑談上手も日々の研摩が必要です。例えば話題を提供するにも、情報がないと何にも話せません。相手に情報を提供できるように、日々情報を集めるようにしたいもの。どんな情報ソースからネタを仕入れればいいでしょうか。おすすめソースをご紹介します。新聞新聞でビジネス情報を集めるなら日経新聞、日経産業新聞がおすすめ。最近は若い人だけでなく新聞を読まない人が増えています。インタ...

メモを取れば確実に周りと差をつける雑談上手になれます。仕事を覚えるときには大体メモを取ると思いますが、雑談でメモを取っている人はほとんどいません。ですから行動に移すだけで、効果は折り紙つき。簡単に出来るのに、効果抜群なのが「雑談メモ」を取ることです。テスト勉強でも、ノート付けからの復習をしないと良い点は取れません。雑談もしかりです。雑談した後は、「趣味」「年齢」「家族構成」「誕生日」など、知った情...

起こった出来事を正確に伝えると、どうしても面白味に欠ける話になりがちです。そんなときは、面白味を出すために、話を盛るといいでしょう。話を盛り上げるために、事実をほんのちょっぴりオーバーに伝えるというのもテクニックの一つです。例えば辛いカレーを食べたときの話をする場合、「見た目が真っ赤のカレーで、食べてるうちに舌が痛くなりました。水を何杯もおかわりしちゃいました」という話し方より「見た目がマグマみた...

あがり症や口下手の人、コミュニケーションを取るのが苦手な人が、自分から他人に話かけるのは非常な勇気が必要です。このため、雑談の腕を磨きたくても、どこでどのように実践すればいいのかわからないという人も多いと思います。そこで、雑談力を磨くために日頃からできるトレーニングがあります。簡単なトレーニングから少しずつレベルアップしていきましょう。ステップ1 知らない人と一言だけ話すまずは、「知らない人と簡単...

話しかけやすい人は得です。自分から勇気を出して話しかけなくても、周りから人が寄ってきて、情報が集まってきます。しかも話すトレーニングも出来るので、どんどん話し上手になります。話しかけやすい人になるためのちょっとしたトレーニング、練習方法をご紹介します。日常のちょっとしたことリアクションするそれは「ちょっとしたことにリアクションすること」です。積極的に反応するクセを付けましょう。金木犀の香りを嗅いで...

初対面の人とでも、共通点があると親近感を感じます。人間は、自分と似たものに好意を持ちます。これは心理学では類似性の法則とも呼びます。相手と自分の似ている所、共通点を見つけられれば、相手との距離を一気に詰めることができるのです。積極的に仲間意識を刺激するようにしましょう。共通点を得られやすい話題は・世代・出身地・共通の知人・家族・趣味・食べ物あたりが特におすすめです。スポンサードリンク世代年齢が近い...

雑談をしている中で、相手の趣味もしくは得意分野が分かれば、ひとまず安心です。趣味や特技は、相手が話したくて仕方ない分野なので、そこを話のタネにすれば雑談は勝手に盛り上がっていきます。「何か趣味はありますか?」とストレートに質問しても良いですし、「休日の過ごし方は?」とか「熱中されていることはありますか?」など相手の趣味を出来るだけ聞き出すようにしましょう。例えばカメラが好きな人には、「どんなカメラ...

あなたは何か質問されたときに、どんな反応をしていますか。例えば、月曜日に「土日はどこか行った?」と聞かれた場合です。「いいえ、一日家にいました」と答えるだけでは勿体ないです。相手も「そうなんですね・・・」で折角の会話が終わってしまう可能性があるからです。逆の立場で考えてみると、あなたが相手に何か質問をしたときに、相手の反応が淡泊だとがっかりするのではないでしょうか。さらに、「あ、この話題は広がらな...

ついつい見栄を張ってしまう気持ちは分かりますが、雑談では逆効果を生むことが多いです。相手に良く見られようと見栄張って、逆に身構えられてしまう。皮肉な結果になってしまいます。例えば、こんな会話例。「趣味はなんですか?」「(アニメ鑑賞って言ったら引かれるかも・・・)読書ですね」「読書ですか!最近読んだオススメの本ってありますか?」「(最近本読んでない・・・)えっと、最近は忙しくてあまり本が読めてないん...

名刺ビジネスで多いのが名刺交換ですね。この名刺交換のシーンで自然と雑談を盛り上げられるポイントがあります。しかも簡単に誰でも出来る方法です。まず、貰った名刺をじっと見ます。そして名刺を見たまま、こう切り出してみてください。「珍しいお名前ですね。○○とお読みするんですか?」「いえ、□□と読むんですよ」「あ、そうなんですか!それは読めませんでした。」「みんな○○って読んでしまうんですよ」「ですよね。私...

聞き上手の方が雑談上手雑談は話し下手や人見知りでも、練習すればできるようになると言いました。雑談はむしろ話上手な人よりも、話し下手の人のほうが向いています。なぜなら、雑談とは相手の警戒心を下げて、リラックスしてもらうことです。そのためには自分本位ではなく、相手が気持ちよく話せるようにすることが大切なのです。話上手な人はつい自分ばかり話してしまって、相手が聞き役になりがちです。しかし、誰しもが「自分...

挨拶のあとの一言で会話が広がる人と会ったときに挨拶をするのは、人付き合いの基本中の基本です。小さい頃から「挨拶しなさい」と躾けられてきました。友人はもちろんのこと、ご近所の知り合い、ちょっとした顔見知り、取引先や得意先、会社の上司や同僚、後輩、そして初対面の人とも、顔を合わせたら必ず挨拶です。これは常識として、誰もが行っているでしょう。雑談は苦手だと思っている人でも、挨拶は必ずおこなっているはずで...

すでに雑談で盛り上がっている人たちの輪に入っていくのは、タイミングが難しく、さらに勇気がいります。なので、こちらのテクニックは少し上級者向けです。しかし、輪に加わらないと居たたまれないような場合は、もう思い切って輪に入ってしまった方が気が楽になります。盛り上がっている人たちに入り込む方法も知っておけば怖くありません。一番近くにいる人に話しかける「何々?どうしたの?」こう切り出していきます。コツは一...

内向的で無口な人が、突然雑談で一方的にしゃべろうとしても難しいですよね。そんな人は会社などでも、人が楽しそうに話しているのも見ると、憧れてしまうものです。でも実は、無口な人は高い目標を達成する必要がありません。逆に普段無口だからこそ、雑談で得をしている事があります。例えば、こんな会話例です。A「どうです、最近?」B「ぼちぼちですかね」A「そうですか。頑張ってください。」スポンサードリンク雑談とは言...

雑談をする機会は数あれど、慣れない場では何を話せばいいか分からなくなってしまううことも多いです。状況によって雑談のルールを決めておけば、焦ることも無くなります。ここでは以下のようなシーン別に雑談のコツを紹介します。・パーティでの雑談・名刺交換での雑談・飲み会・お客さんを車で送る・上司と二人きり・上司と出張・披露宴、結婚式・通夜、葬式パーティでの雑談知らない人がたくさんいるパーティでの雑談はどうすれ...

日本人は反応が薄い人が多いと言われています。大人しい国民性だから仕方ないといえばそうなのですが、あまりに反応が薄い人とは雑談も盛り上がりません。反応が薄い人も、実は無意識の場合が多く、本人からしてみたらしっかり話を聞いているつもりなのに、「反応が薄い」とよく言われて困っている場合もあります。ここではそんな、「反応の薄い人」が思わず頷いてしまう裏技をご紹介します。やり方は以下のとおりです。①話しなが...

雑談に限らず、ビジネスでも使えるのが、話の階層化です。あなたが話すときは分かりやすい説明にすることができ、あなたが聞き手で相手の話が分かりにくいときにも使えるテクニックです。話があっちこっちに行ってしまう人は、年齢に関係なくいます。かといって「言ってる意味が分からない」とはなかなか言えません。友達ならまだしも、上司の話ならなおさらですね。こういうときは、頭の中で話のポイントを階層化した図にするのが...

会話や雑談のコツとはいえ、万人に通じないテクニックもあります。それどころか、ある人には効果的でも、ある人には逆効果という話し方もあるので注意が必要です。しかし、その人のタイプを見極めたうえで、その人が喜びそうな話し方が出来れば一気に距離を詰めることができます。相手によって話し方を変えられるようなったら、もう恐い物はありません。性格診断も様々で、4種類、5種類に分類する診断方法から10種類以上に細か...

雑談に自信がない人は、落語を聞こう!話し上手になりたいと思っている人のほとんどが、「雑談が上手くできるようになりたい」と望んでいるのではないでしょうか。雑談はビジネスシーンでも、潤滑油となる重要なコミュニケーションです。顔を合わせてすぐに商談に入るよりも、最初は雑談をして空気を和ませてからビジネスの話題へと移るほうがスムーズに話が運びます。初めて会う人の場合も、まずは雑談でお互いのことを知り、距離...

中身のない雑談の意味とは?私たちのコミュニケーションは、ほとんどが雑談です。仕事の話や勉強の話など、必要な会話もあるとの反論が出るかもしれませんが、つきつめれば人付き合いは、雑談から生まれるといっても過言ではありません。しかし、コミュニケーションで欠かせない雑談に苦手意識を持つ人が増えています。そのせいか、「雑談力」という言葉をよく聞くようになりました。これは、コミュニケーション能力が偏っている人...

オチのあるおもしろ話は雑談ではない松本人志さんのテレビ番組「人志松本のすべらない話」や、ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルがゲストを招いてトークをする「しゃべくり007」、明石家さんまさんの「さんまのお笑い向上委員会」など、お笑い芸人さんがトークを繰り広げる番組が、毎日のように放送されています。お笑いがとても身近になったため、会話は「おもしろくなくてはならない」と強迫観念のように思い込...

雑談では、相手を褒めようまず、最初のポイントは、相手をほめることです。会話で悩んだら、まず褒めましょう。どんな小さなことでもかまいません。これなら、特に話題を用意していなくても、誰でも雑談に入ることができます。挨拶に続けて、一言ほめてみましょう。そして雑談ですから、ユルく褒めればOKです。真剣に、「いやぁ、素晴らしいです!」などと褒め称える必要はありません。そして褒める内容も軽いもの、相手をパッと...

雑談で否定は禁物雑談では、相手の話を否定するのは禁物です。意見が違ったとしても、まずは相手の意見を受け入れて肯定することがポイントです。たとえば、相手が人気アイドルの○○さんが好きといった話が出たときに、あなたはそのアイドルが嫌いだったり、興味がなかったりした場合、どう答えればいいでしょうか。素直に「○○ですか、勘違い発言が多いので、あんまり好きではありません」、「アイドルにはあんまり興味がないん...

親しい友達との会話では、雑談で盛り上がることができても、よく知らない人との雑談は難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。特に、それほど親しくない異性と雑談で盛り上がるのはなかなか大変です。男性同士なら野球やサッカー、ゴルフ、麻雀など共通項があるので、それらを元に話していけば盛り上がるでしょう。女性同士の場合でもファッションやコスメ、ジャニーズ、スイーツなど共通項があります。しかし、男性が女...

「お茶でもどう?」から始まる雑談コーヒーなどの飲み物を飲みながらくつろぐ空間といえば、喫茶店やカフェです。学生から社会人まで、飲み物を楽しみながら会話を楽しんでいる人はとても多いですね。そして、飲み物を飲みながら、とりとめもなく話すのは楽しいひとときです。ちょっと一息入れるだけと思って喫茶店に入っても、話が弾んで気がついたら1時間以上も時間が経っていたということもあります。世界中の人たちが、喫茶店...

一問一答は雑談のタブー特に若い人に多いのが、仕事とプライベートはきっちり分けたいというタイプです。仕事中には必要なことだけ話して、よけいな雑談なんかしたくない。特に上司など年の離れた人との会話はウザイと感じる若者が増えています。確かに、平成生まれの若い人が、昭和生まれの目上の人と話すのはカルチャーギャップがありすぎて、意思疎通ができないと感じることもあるでしょう。このため、会社の上司とは仕事の用件...

中学校や高校に入学して、他の学校から来た子と仲良くなるときに、「同じものが好き」というきっかけで友だちになった経験はありませんか? 学生カバンにくくりつけていたアニメキャラのマスコットを見た誰かが、「○○(アニメの名前)、好きなの?」と話しかけてきて、「うん、あなたも?」と答えたら、「私も好き! 同じだね。登場人物では、やっぱり□□(カバンのマスコットキャラの名前)が好きなの?」、「そうなんだー」...

時事ネタはその日のうちに使い切る日々、ニュースで話題になっている時事ネタは、雑談の中でも鉄板ネタの1つです。今、誰もが知っている身近な話題として盛り上がることができます。ですから、雑談のネタに時事的な話題を取り入れるのは、とても効果的です。毎日、その日の新聞などで「今日のニュース」をチェックしておくことをおすすめします。ただ、時事ネタを雑談の話題にするときに、一つだけ注意して欲しいポイントがありま...

疑問をそのまま話題に使っちゃおう「スマートフォンはAndroidとiPhoneのどちらがいいのかわからない」、「メンバーズカードでお金をチャージする方法がわからない」、「急にパソコンのキーボードから、数字が入力できなくなった」などなど、日々の中でのちょっとした疑問やわからないことを抱えている人は、多いのではないでしょうか。インターネットの普及、携帯端末を持つのが当たり前、業務はクラウドソーシングで...

雑談で柔軟性が磨かれる新卒生の就職試験の面接では、志望動機、自己PR、入社後に希望する仕事、学生時代に学んだことなど、いわゆる鉄板と呼ばれる質問があります。面接対策として、誰もがこれらの質問にどう答えようか、事前に考えて面接に臨んでいることでしょう。しかし、このような就職に関する事柄とは全く異なる質問がされることもあります。たとえば「最近、感動した映画は?」、「好きな音楽は?」、「あなたを家電製品...

ながら雑談のすすめ会社にもさまざまな社風があり、会社によって職場の雰囲気は千差万別です。営業などで、他の会社に出かけることが多い人は、そのように感じているのではないでしょうか。ジョークを飛ばしながら仕事をしている活気のある職場もあれば、シーンと水を打ったように静かな職場もあります。一昔前には「私語厳禁」の貼り紙が貼ってある会社もありました。仕事なんだから真面目にしなさい、ということですね。しかし、...

接客業から雑談スキルを学ぼう接客業は、雑談力がなければ繁盛しません。よく出かけるお店など、いきつけの店を考えてみてください。話しやすいお店が多いのではないでしょうか。毎月出かけるヘアサロンでは、担当者の人との雑談が苦にならないところを選ぶ人が多いと思います。いくら上手なテクニックがあっても、一言もしゃべらない仏頂面の人や、客をバカにするような態度をする人、逆にのべつまくなし喋り続ける人など、コミュ...

社長やリーダーに求められる雑談力会社のトップである社長や人望があるリーダーは、雑談スキルに長けている人ばかりです。社長には経営者としてさまざまな仕事がありますが、突き詰めれば決断することと、雑談することの2つが社長の重要な仕事といえると思います。会社やチームのトップとして決断することが仕事なのは納得するけれど、「雑談」は仕事とは言えないのではないか?と思う人もいるでしょう。しかし、顧客ニーズを探す...

クレーム対策は雑談で雑談はビジネスでのクレーム対策としても、有効に働きます。ビジネスではクレーム対応がなかなか大変で、クレームに対するマニュアルを作っている会社も多いのではないでしょうか。しかし、クレームが発生してから対応するのではなく、できるかぎりクレームを防ぐよう心がけることも大切です。クレームに関する危機管理対策として、雑談がとても役に立つことも知っておいてください。雑談の効用は、相手の警戒...

雑談の宝庫『課長バカ一代』マンガの『課長バカ一代』を読んだことがあるでしょうか。『魁!!クロマティ高校』の作者である野中英次さんの作品で、松芝電機という会社の社員がだらだらと話すだけのギャグ漫画です。劇画タッチの絵柄でありながら、その内容は実におかしいのです。おいしいですが、バカバカしくて意味がありません。まさに、雑談です。『課長バカ一代』はさまざまな雑談がつまったまさに「雑談の宝石箱」のような作...

雑談は反応がキモ誰とでも気さくに話せる人や、雑談がうまい人が多い地域といえば、関西ではないでしょうか。特に大阪の人は、ふだんから笑いに慣れているので、雑談も上手な人が多いようです。雑談が上手な人の特徴の一つに、リアクションを取るのが上手ということが挙げられます。外国人が大阪の人を見て驚いたという動画がインターネットにUPされ、130万回以上も再生されました。その動画とは、関西の人のリアクションの様...

■雑談のお手本は落語にあり商談で得意先を訪れたときに、「お世話になります」と挨拶して、「ではこちらの契約書にサインを」と突然本題に入る人はめったにいないのではないでしょうか。セールストークをするときにも、挨拶の後「この商品の特徴を述べますと……」などと、すぐに本題に入ったら、相手は身構えてしまいます。これでもいくら良い商品を提案しても、なかなか買ってもらえないのではないでしょうか。優秀な営業マンは...

■雑談は孤独を救う自分の居場所を確保できないとき、人は不安になります。たとえば全く知らない土地に転勤になったとき、違う部署に異動になったとき、転職で新しい会社で働き始めるときなどですね。このようなとき、すでにできている職場の雰囲気になかなか入っていくことができず、一人でぽつんとすることが多いものです。しかも、その場を仕切っているグループの人たちが閉鎖的な場合は、新人が来てもなかなか場に入っていくこ...

■英会話も雑談力でこなそう現代はグローバル社会といわれています。このため、英会話くらいできないとダメだと考えている人も多いのではないでしょうか。その一方で、英会話教室に通っても全然話せるようにならない、英会話にはまったく自信がないという人がとても多いのも現状です。確かに外国語をマスターするのは、一朝一夕にはいきません。特にビジネスで英語を使う場合は契約書を読む能力も必要ですし、こみいった専門的な話...

スポンサードリンク