男女の話題はやっぱり皆大好き|男女で盛り上がる会話ネタ

「男ってほんとに勝手だよね」
「女は何考えているのか全然わかんないよ」

 

男女にまつわる話は皆大好きで、男女ともにとても盛り上がる話題です。
今も昔も男女の話題は外すことがありません。
こちらではそんな男女で盛り上がれる「男女関係の話題」をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

【基本編】盛り上がる男女の話題

好きな異性のタイプ

合コン、飲み会などで使いやすい男女ネタが「好きな異性のタイプ」です。
そこまで踏み込みすぎではないため、相手との関係性を問わずに使っていける男女系の話題です。
相手の意外な好みや考え方が聞けると、周りも「実は私も!」と話が広がっていきやすいのでおすすめです。

 

異性の好きな仕草

上記の好きな異性のタイプと同じように使える男女ネタが「好きな仕草」です。
男性が「ネクタイを緩める」「タバコを持つ」、女性が「髪をかき上げる」「髪をほどく」など好きな異性の仕草も個性があって盛り上がります。
「俺は、女性が美味しそうに食べる姿に惹かれる!」
「私はさりげなく荷物もってくれるとドキっとしちゃう!」
などなど話も広がっていきやすいです。

 

パートナーとの過ごし方

相手に既にパートナーがいると分かっている場合、無難に使っていける男女関係の話題が「パートナーとの過ごし方」です。
彼氏彼女だけでなく、既に結婚している人に対しても使えるネタなので重宝します。
「休日の過ごし方」、「デートの行先」、「行きたい旅行先」、「記念日の過ごし方」など聞くだけでも話が広がりますし、逆に「おすすめのデートスポット」を教えてもらえたり、実りある話題といえます。

 

スポンサードリンク

 

結婚についての考え方

結婚についての考え方も、いやらしさなく相手の考え方が聞けるのでおすすめの男女系話題です。
「俺は家に帰ったら、毎日奥さんがご飯が作っててほしい」
「え~、私は結婚しても仕事を続けたいから、無理!」
などなど、結婚観については男女での考え方が全然違う場合が多いので、ネタとして盛り上がります。

 

【応用編】ハマれば盛り上がる男女の話題

フェチ

いやらしい感じが出てしまうので多少リスクがありますが、合コンや飲み会で場が盛り上がっていれば使いやすい話題が「○○フェチ」です。
男性の腹筋に惹かれる、女性のワキが好きなど、異性のどこに性的な魅力を感じてしまうかを披露しあうことで、一気に距離が縮まります。
変態チックなフェチの人がいたりすると、笑いが起きて場が一気に温まったりするので、使いどころさえ間違えなければ強力な男女ネタとなります。

 

SかMか

上記のフェチ同様、盛り上がってる場で使いやすいのが「SかMか?」という話題です。
これも日常会話で聞かれれば間違いなく引かれますが、盛り上がった合コンなんかではむしろ喜ばれたりします。
「こう見えて実は・・・」と外見と中身のギャップがある人がいたりすると、面白いです。

 

スポンサードリンク

 

ドジな性体験

自分自身が経験した面白い性体験の話がある場合、飲み会などで下ネタでも盛り上がれそうな雰囲気なら、勇気を出して披露してみるのも手です。
喜ばれるようなら、違う場でも何度か話してみて練り上げれば、生涯使える自分だけの鉄板ネタになります。

 

話すときのコツは、あまり細かくディテールまで語らないことです。
リアルすぎる下ネタになってしまうと、「ドジさ」より「下品さ」が目立ってしまい引かれてしまう危険があります。
面白い部分を強調し、下ネタ部分は控えめ話すようにしましょう。

 

しない方が良いNG男女ネタ

男女の一般論

基本的に盛り上がる男女の話ですが、「男女関係の一般論」はやめておいた方が無難です。

 

「男はもともと狩猟する役割があったから・・・」
「女はもともと家を守るのが役割だったから・・・」

 

オリジナリティがある男女の話は面白いですが、一般論を授業のように語ってしまっては周りを退屈させてしまいます。
リアリティーのない無味乾燥な男女関係の話をするくらいなら、他の話題のほうがいいでしょう。

 

リアルすぎる下ネタ

軽い下ネタは場を盛り上げる力を持ったおすすめの話題ですが、生々しいリアルな下ネタは避けましょう。
リアルな下ネタは、ありありと映像を想像させてしまい、周りに引かれてしまいます。
「下ネタで受けたから次はもっと・・・」とやり過ぎるとしっぺ返しを食らうので注意してください。

 

スポンサードリンク