ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし

ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし

普通のツッコミは、相手がボケたら即座にツッコミます。しかしノリツッコミの場合は、相手がボケたらそれに一旦乗っかった後に、ツッコミを入れるテクニックです。

 

例えば、
A「血液型、何型か教えて」
B「うーん、小学校のときの検査ではA型やったけど、大人になってから調べたことないから、わからへん」A「そういえば、オレも最近医者にかからへんから調べてへんなー。……て、血液型がそうコロコロ変わってたまるかい!」

 

「オレも最近調べてへんから……」と相手のボケに一度乗っかることで、聞き手に「あれ? ツッコミしないの?」と緊張を感じさてからツッコミを入れることで、「やっぱりツッコんだ」とホッとさせることで緩和させます。これで笑いが起こるんですね。

 

大阪の人はお笑いのベースができていますから、ノリツッコミにも慣れています。

 

テレビ番組の「秘密のケンミンSHOW」で、大阪人以外の人でもノリツッコミができるのかを検証したことがありました。道を歩いている人に、「これ、東京で流行っている携帯電話です」と言って伊勢海老を渡します。他県の人たちは「東京の人は、これが携帯電話に見えるんですか?」と返答していましたが大阪のおばちゃんは伊勢海老を受け取ると、耳に当て「もしもし海女さん、今どこにいてはるん?、え、潜ってるとこ?……って、これ伊勢海老やん」という感じで、普通にノリツッコミをしていました。

 

ノリツッコミのやり方とコツ

ノリツッコミは、相手のボケに合わせればいいので簡単にできますし、場が和みやすいのでおすすめのツッコミテクニックです。
ボケに散々乗っておいて、最後に我に返ったようにツッコミはを入れると笑いを取りやすくなります。

 

例えばこんな具合です。

 

A「この書類に山田係長のサインを貰ってきて」
B「え、サイン?山田係長って有名人なんですか!?」(ボケ)
A「そうそう、俺あの人の大ファンなんだよ。やっぱり色紙買ってきた方がいいかな〜って、なんでやねん!」

 

スポンサードリンク

 

また相手が物ボケしてきた場合、ノリツッコミが使いやすいです。

 

A「あ、弁当に箸付いてないや、割り箸ない?」
B「はい、どうぞ(ハサミを渡す)」(物ボケ)
A「そうそう、このカツ一口じゃ食べられないから、ハサミでチョキチョキして〜って、違うだろ!」

 

ボケにしばらくノリ続けてから、ハッと間違いに気が付いたようにツッコミます。
コツは自分の素の状態で、独り言のように自然に乗ること。
淡々と乗ってからのほうが、「〜って、なんでやん!」が活きてきます。

 

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、勢いよくやった方が笑いが取れます。
「なんでやねん!」が言いづらかったら、自分の言いやすい言葉に変えてOKです。
でも「〜って」は必ず入れた方がいいです。
「〜って」を入れることで、ノリとツッコミが分かりやすくなり、面白くなります。

 

「〜って、なんでだよ!」「〜って、バカ!」「〜って、おかしいだろ!」「〜って、これ○○ですやん!」
自分で一番しっくりくる言い方で構いませんので、日々ノリツッコミできるシーンを見逃さないようにしましょう。
自然にできるようになればなるほど、笑いが取れます。

 

ノリツッコミはシンプルでOK、ノリツッコミの具体例

ノリツッコミは単純、シンプルなもので十分です。
例えばハライチの澤部さんがノリツッコミが上手いと言われていますが、何もプロのお笑い芸人を目指しているわけではないので、高度なノリツッコミをする必要はありません。

 

相手のボケに一度乗る、そしてツッコミを入れる。
それだけで十分です。
レベルの高いノリツッコミは漫才では受けても、日常の会話の中で使うのはリスキーです。

 

スポンサードリンク

 

「大阪の人はノリツッコミをしてくれるか?」という実験をテレビ番組「秘密のケンミンショー」で流していましたが、大阪の人たちはとてもシンプルなノリツッコミを入れていて、見ていてとても面白かったです。
具体例として紹介します。

 

実験1、マイクの代わりに棒の付いたタワシを渡す

 

一人目
(新成人に対して「これからの抱負をカメラに向かってお願いします」とタワシを渡す)
新成人「えっと〜はい。お母さんこれからもがんば・・・えっ、これ違うよ!タワシタワシ!」

 

二人目
(イケメン二人に「趣味の話をしてください」とタワシを渡す)
イケメンA「趣味はバスケをやってたんで〜」
イケメンB「それ、おかしない?」
イケメンA「(はっと気付いたように)これ、タワシですやん!」

 

三人目
(カップルの彼氏に「趣味の話をしてください」とタワシを渡す)
彼氏「えっと、あの趣味はあんまりないんですけど・・・漫画が好きですかね、・・・ってこれタワシやん!」

 

四人目
(若い女性グループの一人に「趣味は何ですか」と聞く)
女性「趣味カラオケですね!」
(「じゃあ一曲お願いします」とスタッフがタワシを渡す)
「じゃあ・・・みんな行くで!BOY MEETS GIRL〜♪・・・ってなんで!これタワシやん!」

 

 

スポンサードリンク

 

実験2、携帯電話の代わりにナスを渡す

一人目
(カップルの彼氏に「宮崎県の人と電話が繋がってるんで話して下さい」とナスを渡す)
彼氏「もしもし?もしもしナスナス?・・・ナス!」

 

二人目
(カップルの彼氏に「沖縄県の人と電話が繋がってるんで話して下さい」とナスを渡す)
彼氏「あ、もしもし?ちょっちゅね〜・・・あ〜ちょっちゅ・・・おい!これナスやないか!」

 

三人目
(シュッとしたビジネスマンに「他県の人と電話が繋がってるんで話して下さい」とナスを渡す)
ビジネスマン「え・・!もしもし!・・・ナスビですやん!」
(「最新式のです」と今度はバナナを渡す)
ビジネスマン「もしもし!はいはいはい!おたくさんどっから?・・・フィリピン!?・・・ちゃいますやんこれ、バナナですやん!」

 

実験3、デジカメの代わりにコンニャクを渡す

(若いサラリーマンに「東京から来まして、1枚記念に写真撮ってくれませんか」とコンニャクを渡す)
サラリーマン「おーこれね。はい、チーズ。・・・ボタンないっすよ?・・・コンニャクやん!」

 

(若いカップルの彼氏に「写真撮ってくれませんか」とコンニャクを渡す)
彼氏「なんでやねん。・・・あぁこれ、ほんまやカメラや。はい、いくよー。はい、コンニャク!」

 

実験4、居酒屋で栓抜きの代わりに毛抜きを渡す

(居酒屋店員が、4人組のサラリーマンに瓶ビールと一緒に毛抜きを渡す)
サラリーマン「そうそうそうそう、1個1個端から順にめくっていって・・・って毛抜きですわ!」
(店員が「すみません、お待たせしました」とトランプを3枚持ってババ抜きをさせる)
サラリーマン「そうそうそうそう、うーんとどれかな?どっちかっていったら左の方に隠してる可能性もある・・・ってこれババ抜きやないか!」

 

このようにとにかく一回、乗ってからツッコミを入れる。
シンプルなノリツッコミで十分面白いです。
特に物ボケとの相性が良いのが分かると思います。
実際に動画を観た方がイメージが沸きやすいでしょう。

 

参考動画:
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8132957
https://www.dailymotion.com/video/xu8vhc

 

イヤなことを言われたらノリツッコミで返そう

日常会話でノリツッコミをするなら、いじられたり、相手からイヤなことを言われたりしたときに使うのがおすすめです。

 

たとえば、上司から「おまえ、ハゲてきたんじゃない?」と言われたら「そうそう、最近ちょっと薄ら寒い感じでねー……って、その確認いります?」。
また、「胸、大きいね」などのセクハラ発言に対しても、「そうそう、肩凝ってねぇ……って、それ四捨五入したらセクハラですよぉ」とノリツッコミで返しましょう。

 

ただし、職場でイヤな事を言わるのは気持ちいい物ではありません。
腹にすえかねる場合は、当人に抗議をすると逆恨みされることがあるのでその場はジョークでかわしておき、上司など対応してくれる人に相談しましょう。社会人になると、面と向かってイヤなことを言われても、笑って対応しなければならないこともあります。即座にツッコミを入れるのは難しくても、ノリツッコミなら、そうそう……と相手の言葉に乗っかりながら、ツッコミの言葉を考えらます。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし関連ページ

大切な心構え
下ネタで笑いを取る
おおげさな言い回し
勘違い
たとえ話
笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法
人の真似で笑わせる
一言で笑いを取る
ボケのメカニズムを知ればいつでも笑いが取れるようになる
短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる
擬音語・擬態語「オノマトペ」を使うと笑いが取れる
ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる
スマホをネタ帳にすれば、もっと笑いが取れるようになる
自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる
共感+「でも○○じゃないですか」で話がどこまでも続く
笑いが取れたら1回休み。引っ張りすぎないのが会話のコツ
自己紹介のコツは「相手に見えている自分」を上手く使うこと
スベったときこそ笑いが取れるチャンス。ウケるマジックフレーズ
誰でも簡単に出来る2つの「オチ」の付け方と作り方
上手ないじり方10選|笑いが取れるいじり方をマスターしよう
上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!
上司や先輩のいじり方|可愛がられるいじり方
イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる
テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方
「話がつまらない人の特徴」を知れば、スベり予防に役立つ
笑いやユーモアのセンスを磨くとメリットがいっぱい
キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる
ピクチャートークで映像化すれば笑いが取れる
笑いを取るための「勉強法」と「トレーニング法」とは

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術