上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!

いじられキャラこそが最強

相手がおもしろい話を振ってきたり、ボケたりしたときに、即座に反応できないという人も多いのではないでしょうか。実はプロのお笑い芸人にも、そのような人は少なくありません。テレビのトーク番組で明石家さんまに話題を振られても、とっさに反応ができず言葉につまってしまう芸能人は多いですね。

 

このような場合でも笑いを取れる方法として、いじられキャラになるというテクニックがあります。

 

自分をかっこよく見せたいという意識を捨て、アホキャラに徹する覚悟があれば、相手からの振りに対して素早く反応できなくても、反応が遅いということすらも笑いのネタにできるのです。

 

いじられキャラは、愛されキャラでもあります。逆に鋭いツッコミをする人は注目されるかもしれませんが、相手に警戒心や恐怖心を与えてしまうことがあります。自分ではお笑いネタとしてツッコミをしているつもりでも、相手が傷ついていることがあるからです。

 

スポンサードリンク

 

これに対して、いじられ役は決してかっこよくはありません。しかし、誰もが安心して付き合える愛されキャラとなれるのです。

 

ただ、いじられ役に徹するためには、ツッコミの反応が遅くて相手にいじられても、「いじってもらえてオイシイ」とありがたく思えるだけの根性が必要です。

 

というのも、誰しもプライドがありますし、自分のことを良く見せたいという見栄があるからです。しかし、本当に賢い人とはどのような人であるかを考えてみてください。アホの坂田として一世を風靡したお笑い芸人坂田利夫さんのことを、本当のアホと思っている人はいないでしょう。

 

アホに徹していじられている人は、相手や周囲の人へのサービス精神が豊富で、気配りができる人です。自分がいじられ役になることで場が楽しく盛り上がればそれが嬉しいと思える、奉仕精神の塊です。このような人が、本当にアホなわけはありません。

 

逆に頭の回転が速いことを自慢に思って、相手の気持ちを考えずに笑いをとろうとしても、誰も心から笑ってくれないことでしょう。

 

自分の凝り固まったプライド意識を、一度見直してみてはいかがでしょうか。自分はなぜ、アホになれないのか。プライドが邪魔しているなら、それは本当に必要なプライドなのかよく考えてみてください。

 

ここでプライドにしがみついたままであれば、いつまでたっても人との絆は深まりませんし、自分が変わることもできないでしょう。

 

人に良く思われたいという意識は誰にでもあります。しかし必要以上にそのことにこだわっていたのでは、いつまでたっても人とのコミュニケーションは深まりません。
以下、具体的に上手ないじられ方のコツをご紹介します。

 

上手にいじられたいなら、まずは自分自身を知ろう

いじられ上手、いじられキャラは愛されキャラと言われますが、いじられ上手になるには、ある程度のボケ力が必要です。
ここではいじられ方のコツとして、自分から計算して、自らいじられるやり方をご紹介していきます。

 

まず、正しいいじられ方はあなた自身が気持ち良くなくてはいけません。
いじられることで、あなたが不快になるようなら、精神衛生上良いいじられ方ではありません。
とはいっても、世の中にはいじりが上手でない人も多くいます。
相手を傷つけているのが分かった上でやっているような人もいますが、これではいじりではなく、単なるいじめです。

 

スポンサードリンク

 

そんな相手からいじられた場合は、まず話題を変えてしまいましょう。
心無い人からのいじりは無視してOKです。
だだし、あなたが信頼できる人がいじってきた場合は笑いを取るよう努めましょう。
キャラ作りも大切です。
あなたがこんなキャラですと周りにアピールし、周りにキャラを理解させます。
そのためにはまずあなたが自身が自分をリサーチして理解していないといけません。

 

あなたの性格、体の特徴、好きな食べ物、好きな芸能人などなど。
たくさん挙げられる人ほど、自分をよく理解している人といえます。
そして是非、プラスの部分だけでなく、マイナスの部分も挙げてみてください。
太っている、禿げている、出っ歯である、などなど、マイナスの部分ほど笑いに繋げやすい特徴になります。

 

ここからは具体的にいじられるテクニックを一つずつ見ていきましょう。

 

キャラでいじられる

先ほど自分のキャラを把握することが大切と述べましたが、このあなた自身のキャラでいじらせます。
太っているキャラを例に挙げると「太っているから○○」「太っているけど○○」で笑いを取っていきます。

 

「太っているから、お腹が減って仕事にならない」
こちらが王道の使い方です。
あなたのキャラを周りに理解してもらい、周りを和ませる効果があります。

 

「太っているけど、焼き肉が苦手」
周りが十分にあなたのキャラを理解されている状態なら、こういうギャップの言い回しでツッコミを貰ったり、笑いを取れたりもします。

 

劣等感を逆手に取る

劣等感を思い切って前面に出すことで、相手に安心感と面白さを与えるテクニックです。
今度は顔がふけている場合で、新人のあいさつをするとすれば

 

「新規採用の○○です。見た目は係長級ですが、本当に22歳です」

 

といった具合で自己紹介すれば、「ふけてるなぁ・・・」という周りの声を代弁してくれたあなたに親近感を禁じえないはずです。
キンカンの法則(緊張と緩和の法則)からも笑いが取りやすいいじられ方です。

 

スポンサードリンク

 

ボケでいじられる

ある程度頭を使ういじられ方になりますが、ボケると相手からツッコミを入れてもらえたり、笑ってもらえたりする確率が上がります。
しかし、すべってしまうリスクもあるので、最初はソフトなボケから徐々に慣れていくといいでしょう。

 

例えば相手が普通の話をしている中で、「男らしい」という単語が出てきたら
相手が女性なら「それは下ネタ的にですか?」とか男性なら「先輩ってそっちの気が?」とかいった具合です。
サラリーマン川柳なんかを見ていると、そういったソフトボケが満載なので一読するのも面白いと思います。
「デジカメをカメの種類と勘違い」とか「子どもポケモン、パパのけもん」とか日ごろからアンテナを張っておくと、いざというときにポンと出てくると思います。

 

他にも本当に分からない単語が出てきたときは、素直にその言葉の第一印象で聞いてしまうのも、自然とボケいじられになったります。

 

言葉と態度が逆でいじられる

これもボケの一種ですが、体の動きを伴うギャップでいじらせるテクニックです。
例えば、後輩から「先輩これからプレゼンですね・・・すごく緊張してきました」には、
「そう?俺プレゼンで緊張したことないよ。こういうのは堂々としてるのが大事なんだよ」
といいながら、資料を持つ手をガタガタふるわせます。

 

それで「先輩もダメじゃないですか!」といじってもらいます。
自分で前フリを効かせて、行動や言葉で裏切るいじらせテクニックです。

 

名ゼリフいじられ

アニメやドラマの名ゼリフを、ぴったりなシチュエーションでそのまま使うだけです。
相手の頭にそのシーンが浮かべばそれだけで笑ってくれることも多く、おすすめなテクニックです。

 

これはもうコツというより、とにかくアンテナを張ってたくさんストックしておけばおくほど有利です。
使いやすいのはターミネーターの「アイルビーバック・・・」
スラムダンクの「あきらめたらそこで試合終了だよ」
エヴァンゲリオンの「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ・・・」
などが挙げられます。

 

スポンサードリンク

 

妄想を口に出す

妄想は誰でもしますが、それをあえて口に出してしまうことでいじってもらいます。
例えば、あなたが資料作成でミスして上司に怒られたときに同僚に
「俺はもうクビになるに違いない。奥さんには愛想を尽かされ、子どもと一緒に出て行くんだ。俺は浮浪者として新宿駅のホームで路頭に迷って・・・頼む、手伝ってくれ!」

 

と妄想豊かに悲劇的なストーリーを語れば
「そんな、大げさな(笑)分かったよ手伝うよ」
と笑いつつ協力してくれることでしょう。

 

妄想は大げさに悲劇的か、楽観的なストーリーがうけます。

 

またまたそんなわけないでしょ

よく芸人さんも使ういじられテクニックが「またまたそんなわけないでしょ~」からの大げさな「共感」です。
やるのが少し恥ずかしいかもしれませんが、効果は抜群なので是非勇気を出して使ってみてください。

 

(美味しいお菓子を貰って)
友人「このお菓子すごく美味しいから食べてみて」
あなた「またまた~。お菓子でしょ?子どもが食べるものだよ。そんな騒ぐなって。まぁ一応は食べるけど大したことないでしょ・・・って旨い!旨過ぎでしょ!ほっぺた落ちるわ!」

 

(辛い食べ物を一口貰って)
後輩「先輩、この麻婆豆腐めちゃくちゃ辛いです・・やばいです」
あなた「大げさだよ!お前はいつも芸人みたいに大げさに言うよな。そんな辛いわけないだろ・・・ってめっちゃ辛い!死ぬ!水、水!」

 

こんな具合で反応すればいじってもらえる可能性がグンとあがります。
コツは「またまたそんなわけないでしょ~」からの下りを少し長めにやることと、共感を大げさにすることです。

 

スポンサードリンク

 

いじられキャラは愛されキャラ

 

会話では人を傷つけたり、イヤな気持ちにしたりするジョークはNGですが、自分は気をつけていても、誰かからそのようなジョークを言われたり、いじられたりすることもあります。

 

このようなときは、ムッとしたり、嫌な気持ちになったりすることが多いですね。しかし、誰かからからかわれても嫌な顔をせず、それどころか笑顔やジョークでかわす人もいます。

 

両者の違いは何なのでしょうか。それは「プライド」です。人は誰しも他人から馬鹿にされたくないと思っていますし、かっこよく思われたいという欲求もあります。

 

しかし、このようなプライドは偽物であり、単なる見栄です。本物のプライドとは、自分が生きる上での信念や誇りです。偽物のプライドは見栄、本物のプライドは誇りとおぼえておきましょう。

 

偽物のプライドに縛られている人には、どこかに劣等感があります。自分に自信がないため、常に人と比べる意識があり、自分より上だと思う人を脅威に感じます。

 

私もいまだに偽物のプライドに気持ちをかき乱されることがありますが、それが劣等感を刺激されて巻き起こるネガティブな感情であることを自覚しています。この自覚さえあれば、誰かからいじられても、笑いながら受け流せます。

 

いくらおもしろい話ができる人でも、誰かからのいじりやからかいにはネガティブな反応をしていたのでは台無しです。そのような行動は、周りから「余裕のない人」、「器の小さい人」と評価されてしまいます。

 

偽物のプライドはなるべく捨てるか、たとえ捨てられなくてもそれは単なる見栄であることを自覚しましょう。これだけで、人付き合いがビックリするほどうまくいきます。

 

偽物のプライドに対処するためには、自分からアホになることです。見栄っ張りな人は、自分の殻を破ることができず、自らアホ役を買って出ることはできません。いじられてイヤだと思うのではなく、「いじられておいしい」と感じられれば立派です。

 

自分からアホになって、自虐ネタで人を笑わせてみましょう。失敗談を話しましょう。自虐ネタや失敗談に抵抗を感じるなら、見栄にとらわれている証拠です。

 

私は学生時代に、いじられキャラでした。そして、それがイヤでイヤで仕方なかったのです。ですから人から馬鹿にされないように、せいいっぱい頑張ったのです。ファッションに気を使ったり、言動を変えたり……。しかし、ある日友人に言われました。「無理してるのがミエミエで、いじられキャラだったときよりかっこ悪くなっていて見ていられない」と。

 

私は人からいじられるのがイヤで、かっこよく、明るく、意識高い系の人を目指していたのですが、周囲からは滑稽に見られていたのでした。それを知ったときは、とてもショックでした。しかしよく考えてみると、私の行動は本来の自分を否定することでした。本当はかっこよくないのに、かっこよくならなければならないと思い、別に明るい性格ではないのに、明るくならなければいけないと思い、意識が高いわけではないのにやたら難しい本を読んでみる――。盛大に空回りしていたわけです。

 

この苦い経験のお陰で、自分がいかに見栄に振り回されていたかがわかりました。それ以降は、いじられキャラであることに全く気にならなくなったのです。むしろ、「いじられキャラって愛されキャラだよね」と開き直ることもできるようになりました。ありのままの自分を受け入れることが、何よりも大切だと思います。

 

スポンサードリンク