話のオチの付け方|オチのある話の作り方を具体例とともに解説

 

スポンサードリンク

 

簡単なオチの作り方

オチがしっかりある話を作ることができれば、聞き手をより楽しませることができるようになります。
逆にオチがない話だと、聞き手から「で、オチは?」と厳しく指摘されてしまうことも。

 

とはいえ、日常会話のなかでちょっとした笑いを取るくらいなら、お笑い芸人が話すような強力なオチを作る必要はありません。
強いオチは「滑る」リスクもあるので、まずは「置きに行く」くらいの安全なオチの作り方を2つご紹介します。

 

方法1 自分をみっともなく見せる
方法2 体験から学んだことを伝える

 

オチといえば、「ボケて笑わせる」イメージが強いですが、日常会話では気持ちよく話を終わらせることが重要です。
積極的に笑いを取りに行くオチの付け方は後述しますので、まずは「話の終着点」「まとめ」をイメージしてシンプルなオチを作りましょう。

 

具体例:電車が遅れて、会社に遅刻しそうになった

 

これをオチを作らずにそのまま話すと

 

「電車が遅れて、遅刻しそうで焦りました」

 

となりますが、これでは聞き手も会話のとっかかりが少ないので、「それは大変だったね」と返すのが精いっぱいです。
そこで上記の方法でオチを作って、話のまとめをするようにしましょう。

 

方法1 自分をみっともなく見せる

「電車が遅れてて、遅刻しないように全力ダッシュしたら足がつっちゃって・・・もうオッサンですね・・・」

 

自虐を入れることで、オチっぽい雰囲気がでますし、オッサンというキーワードがとっかかりとなって「オッサンってまだ20代でしょうが」など聞き手もリアクションしやすくなります。

 

方法2 体験から学んだことを伝える

「電車が遅れて、遅刻ギリギリになっちゃいました。武蔵野線は強風に弱いんですね・・・」

 

笑いを取るオチではありませんが、話のとっかかりがあるので、「私が使っている山手線も~」と話が広がる可能性があります。

 

オチの作り方に困ったらまずは「自虐」または「まめ知識」を話の終わりにくっつけて、それをオチとしましょう。
それだけで話の終わり方がグッと良くなるはずです。

 

スポンサードリンク

 

積極的に笑いを取るオチの作り方

さらに積極的に笑いを取りに行くなら、以下の方法が有効です。

 

方法1 フリを使う
方法2 キンカンの法則を使う

 

方法1 フリを使う

フリで相手に「この話はこうなるんだろうな」と想像させてから、それをオチ裏切ることで笑いをとるテクニックです。
オチがばれてしまうとフリにならないので、聞き手の想像力を上手くミスリードさせることが大切です。
ただし、ミスリードに重点を置きすぎてフリが長くならないよう注意してください。

 

(具体例)人志松本のすべらない話:小籔千豊「スノーボード」
・小藪、小藪の彼女、彼女の弟、弟の友達、弟の先輩(ダンジリ野郎)の5人でスノーボードに行った話。
・彼女の弟の先輩(ダンジリ野郎)=陽キャラ。行きの車の中で一番しゃべりまくり、「よっしゃ小藪黙らせた」とダンジリの上に乗ってるくらいノリノリな人。

スノーボード場到着して、リフト券どうするか、1日券、半日券色々あるんですけど一日券8,000円、「もちろん一日券でしょ~♪」みたいなことをダンジリ野郎がいうんですよ。
そこはジャンプ台があるようなスノーボードのところで、順番にジャンプするんですけど、彼女と僕で下手くそなんで下から見ていたんですよ。

 

次は弟の番やって、フルフェイスかぶってて、シャーって滑ってきて、ジャンプ台下から見てるから一瞬消えるんですよ。
ガーって一瞬消えてパって出てきたらいきなり空中で回転しててズドーンってめっちゃ格好いいんです。おーすごいなケンタ、嫁はんと「上手やな」って。
次弟の友達、あ、あの子やって見てたら、また一瞬消えて、パッて出てきたら今度はいきなりボードつかんでて、こんな感じで、めっちゃ格好いいんですよ。すごいやんって。

 

で次。言うてたダンジリ。ダンジリ野郎の番。
まあ上手なんやろうな、みてたら、ファーっていってまた一瞬消えたんですよ。で、パって出てきたら。
気を付けして空向いてたんです。(一同笑い)
なんですか、こう平に。サッて出てたらボードがこっち向いてて、身体がまっすぐ上向いた状態。
え?って思ったらそのままドン落ちてそのまま動かなくなったんですよ。・・・腰やっちゃったんです。(え~)
あんだけ行きの車でダンジリみたく騒いでたのに、もう今動かないやんこの人って。(一同笑い)
これリフト券・・・一日券「もちろん一日券でしょ~♪」て、いやいや一本8,000円やん。(一同笑い)よう言うたな、一本8,000円、めっちゃおもろいってなって。(一同笑い)

 

ノリノリな先輩が車の中で場を支配してきて、スノーボードでも支配してくるのかなと聞き手に想像させてから、間抜けな転び方をして失敗してしまうというフリとオチが効いています。小籔さんはこの話でMVPを取りました。

 

このエピソードトークのように長くなくても

・今日は贅沢するぞ~!・・・うどん食べよ。
・この店は俺がカードで払うよ!・・・ポイントが欲しいだけだから、半分出して?

くらいの一言でもフリとオチ意識すると、笑いを取ることできます。

 

方法2 キンカンの法則を使う

天才落語家ともいわれた桂枝雀さんのお笑いの理論が「キンカンの法則」です。
明石家さんまさんも「笑わせるためには、緊張させたあとに緩和させればいい」といっています
緊張の「キン」、緩和の「カン」でキンカンの法則です。

 

(具体例)問わず語りの神田白山:「新日本プロレス副音声舞台裏2021.1.8」

そういえば僕ね、清野さんね、辻さんのイベントにいったんですよ、学生のころ。「え、どんなイベント?」って。
プロレスファンが来てまして、100人くらい。でね、これがまた濃厚なプロレスファンなんですけど、一人間抜けなやつがいたんですよ、清野さん、「なんです?」っつって。
あのね、『プロレスって八百長て聞いたんですけど本当なんですか』。「それはまぁ~まずいですね~!」って清野さんが。「変なこと聞くやつですね~!」
そうなんですよ清野さん。いまさらそんなつまんないこと聞いてるんですよ。
それに対して清野さん、辻アナがなんて答えたかしてますかっつって。「わかんないです。なんて答えたんですか。」

 

これね、『太古の昔のイメージなんですけど』っていうその入りから入ったんですよつって。「ほうほう」っつって。
で、洞窟の穴に暮らしている人間がずっといるとして、その洞窟の穴に暮らしている人間は外に出ない人間がいるとするじゃないですか。「ほうほうほう」と。
で、鳥がそこに飛んでるピューっと。で、その人たちは洞窟の穴で生涯暮らすから、外に出ないから肉眼で鳥を見ることはできないけど、その鳥がピューと飛んだ、その影。洞窟の穴にうつるこのヒューという影は・・・その、見えるんですよ、その人間達にも。「うん、そうですね」
それが、プロレスってことです。
(一瞬の静寂)
「・・・どういう意味ですか?」(一同笑い)
いや僕も意味わからなんですけど、自分で言ってて。確か辻さんそんなこといったと思うんですけど。(一同笑い)

 

深い風な話をされて、「え?どういう意味?」と聞き手が緊張したところで、「ぼくも意味が分からない」と緩和させて笑いを取っています。

 

キンカンの法則も短めに使えば

・僕、タワーマンションに住んでるんですよ。・・・2階ですけど。
・みてください、ついにロレックスの時計買っちゃいましたよ。・・・60回払いの5年ローンで。

このように最初に「うわ、自慢話かな?」と緊張させて、自虐で緩和させると、敬遠される自慢話も笑い話に変換することができます。

 

キンカンの法則の詳細は「キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる」も参照してみてください。

 

 

スポンサードリンク