雑談は中身がないから意味がない?する意味あるの?

中身のない雑談の意味とは?

 

私たちのコミュニケーションは、ほとんどが雑談です。仕事の話や勉強の話など、必要な会話もあるとの反論が出るかもしれませんが、つきつめれば人付き合いは、雑談から生まれるといっても過言ではありません。

 

しかし、コミュニケーションで欠かせない雑談に苦手意識を持つ人が増えています。そのせいか、「雑談力」という言葉をよく聞くようになりました。

 

これは、コミュニケーション能力が偏っている人が多いからだと考えられます。たとえば友人や同僚などとは楽しく会話できるのに、目上の人や異性、全く異なる立場にいる人など、自分のフィールドとは違うところにいる人に対して、上手く話せないという人が多いのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

「おはようございます」や「お世話になります」、「お疲れ様でした」、「失礼します」などの挨拶はできているでしょう。また、ビジネスでも「よろしくお願いいたします」、「~~をしてください」、「今日の売上は○○円でした」などの伝達はできる。「到着はいつごろですか?」、「ご都合の良い時間は?」など、聞かなければならない事柄も、きちんと尋ねることができる。しかし、それ以外のコミュニケーションはできないという人が多いのです。

 

仕事などで必要な伝達・質問事項は、ある程度マニュアル化されています。就職活動でもビジネスマナーが身についていなければ内定がもらえませんから、最低限の常識的な対応ができる人が大半でしょう。

 

しかし、そこからコミュニケーションを発展させていくことができる人は少ないと思います。言い換えると必要最低限のことは話せるが、それ以外のことは話す能力が低いということです。

 

このような人のなかには「用件がわかれば、それ以上、何を話す必要があるんだ?」と疑問に思う人もいるでしょう。たしかに、理屈ではそうです。しかし、社会人として生きていくなら、それではうまくいかないということを肝に銘じておきましょう。

 

このような人にとって意味のある会話とは、仕事の話や商談、交渉、上司への報告や業務連絡、最低限の挨拶などのことを指すのでしょう。しかし、このような会話は、コミュニケーションのなかではごくわずかです。

 

私たちがふだん行っているコミュニケーションの大半は、このような用件の報告などビジネスライクな会話以外から成り立っているのです。雑談とは、無駄話のことなのです。

 

特に若い人にとって無駄話なら雑談なんていらないのでは?と感じている人もいるでしょう。このような人でも、友人との無駄話は楽しいのではないでしょうか。「無駄話の雑談なんかいらない」というそのときの対象は、自分のフィールドにいる人以外を指しているはずです。

 

スポンサードリンク

 

「たいして親しくなりたいと思わない人と雑談をして、何か意味あるの?」というのがホンネではないでしょうか。

 

この気持ちも、よくわかります。上司や先輩と仕事に関する会話はするけれど、雑談はしないという人も多いのではないでしょうか。しかし、特に親しくしたいと思わないからと雑談を避けているのは、とても損なことで、あなたの将来を左右することにもなりかねません

 

実際に、私たちが行っている会話には、「仕事などで必要な用件」と、「まったく必要のない雑談」の2つに分けられます。

 

しかし、ビジネスシーンで雑談がまったく必要ないかといえば、「NO」です。仕事ができる人ほど、「雑談が重要」であることを知っています。

 

たとえば商談をするために、取引先の会社にでかけた場合、「お世話になっております」と挨拶して、「我が社の商品についてご説明します……」と突然本題に入った場合、その商談が成立する可能性はかなり低いといえるでしょう。

 

挨拶のあと本題に入る前に「最近、ゴルフの調子はどうですか?」、「この時期はお忙しいんじゃないですか」など、ちょっとした雑談をしてから商談へと入るのが一般的です。そしてこのようなビジネスとは直接関係ない会話のやりとりで、お互いのコミュニケーションを深めているのです。雑談をしなくてもいいのなら、ロボットでも商談ができるでしょう。しかし、ビジネスは人と人との関係で成り立っています。ロボットのように、必要な用件だけを伝えていたのでは、いつまでたっても相手の良好な関係を築くことができず、その結果として商談もうまく進みません。

 

雑談とは相手に心を開いてもらい、相手の距離を縮めるためのツールです。では、なぜ相手に心を開いてもらう必要があるのでしょうか。心を開いていない相手には、話を聞いてもらうことができないからです。相手が心をひらいていないのに、いくら商品の良いところをアピールしても、相手は「早く帰れ」と迷惑に思って、ろくに返事もしてくれないでしょう。

 

また、合コンなどで初対面の異性と仲良くなる場合も同様です。異性とお付き合いしたいと望んで合コンにでかけても、雑談ができなければ誰も心をひらいてくれず、親しくなることができません。

 

人間関係を良くするために、雑談はなくてはならないツールなのです。

 

スポンサードリンク