スポンサードリンク

不思議と信頼される話し方のコツ|会話の心得

人の気持ちを掴み信頼される話し方、理想的です。
人に信頼されるためにはどうすれば良いか。

 

それは相手の気持ちを考えることです。

 

「なんだその抽象的な話は。そんなことよりもっと具体的なテクニックを教えろ」と思うかもしれません。
しかし、世の中の本当に正しいルールは抽象的な場合が多いです。
話しているとき、聞いているとき、相手の気持ちを考えている人はどれくらいいるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

話しているときは「笑わせたい、好かれたい、すごいと思われたい・・・」
聞いているときは「話しやすいと思われたい、次は何話そうかな・・・」
こんな風に思ってないでしょうか。
逆の立場で、そんな風に考えている人を信頼できるでしょうか。

 

 

この人に楽しいと思ってもらいたい、この人は何が好きなんだろう、本当に相手を考えている人は少ないです。
それができる人の周りには人が集まります。
「この人は本当に私のことを考えてくれているんだな」と思ったとき、人は初めて相手を信頼します。

 

 

例えば、信頼を集める人は相手の自尊心を傷つけるような言い方は絶対にしません。
苦言を言わなくてはいけない時でも、相手の自尊心が傷つかないよう、相手に気付かせるような言い方をします。
時間に遅れた後輩に、「駄目だろう!遅刻だぞ!」ではなく、「みんな、君を待ってたんだよ」と言えば、自ら「申し訳ない」と思うでしょう。

 

仕事で質問してきた部下に、「こんなこともわからんのか!」ではなく、「ここまではわかってるんだよね」と相手のために整理してあげれば「自分はここがわからなかったのか」と考えられます。

 

 

人を傷つけたり、恥をかかせるような言い方をする人に人は集まりません。
「今自分は相手のことを考えられているのか?」常に自問自答していれば、自然と信頼は集まってきます。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク