相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物|雑談のコツ

スポンサードリンク

相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物|雑談のコツ

雑談をしている中で、相手の趣味もしくは得意分野が分かれば、ひとまず安心です。
趣味や特技は、相手が話したくて仕方ない分野なので、そこを話のタネにすれば雑談は勝手に盛り上がっていきます。

 

「何か趣味はありますか?」とストレートに質問しても良いですし、「休日の過ごし方は?」とか「熱中されていることはありますか?」など相手の趣味を出来るだけ聞き出すようにしましょう。

 

例えばカメラが好きな人には、
「どんなカメラを使っているんですか?」
「どんなものを撮るんですか?」

 

ランニングが好きな人には、
「一カ月でどれくらい走るんですか?」
「大会に出場されたりするんですか?」
「走っているとき苦しくないんですか?何を考えながら走るんですか?」

 

スポンサードリンク

 

など、質問はなんでもいいんですが、できればなるべく自分が聞きたいことを聞くのが良いでしょう。
全然興味がないことは、雰囲気に出てしまいます。
全く興味無さげに質問すると、気分を害してしまうかもしれません。

 

特におすすめな質問は、
「私みたいな初心者でも出来ますか?」です。
人は同じ趣味の仲間が欲しいものですから、色々と教えてくれること請け合いです。

 

相手が中々趣味の話をしてくれない場合は、自分の趣味の話をしてしまうのも効果的です。
自己開示は相手との距離が縮まりますし、あなたの趣味のどれかに喰いつく可能性もあります。

 

「実は麻雀が好きで」と話せば、
「麻雀ですか。実は興味があって覚えたいんですよ」と、今は趣味でなくても、興味があるという場合もあります。

 

日頃から色々と体験することを習慣にしておくと、相手から趣味の話が出てきたときに、
「実は私も1回だけやったことがあるんですが・・・」とより具体的に話を広げられます。
機会があったら面倒くさがらずに、やってみるのもいいですね。

 

スポンサードリンク

 

相手の好きなことを覚えておこう

一度その人の趣味が分かってしまえば、次回以降の雑談ではその人の好きなことや興味のある話題を取り上げれば、簡単に会話を盛り上げることができます。

 

A部長はクラシック音楽環境が趣味、B課長はゴルフが趣味、C先輩は男の手料理に凝っている、同僚のD嬢は日本酒が好きなど、取引先や同僚、上司、先輩などの好きなものをメモなどに書いておきましょう。
相手の趣味を、すべて知る必要はありません。
得意先にもらった名刺の片隅に趣味テニスなど、一言つけ加えておけば記憶に残りやすくなります。

 

誰でも自分が好きなことや得意なことを話すときは、熱が入ります。
雑談でその場の空気を温めるなら、相手が興味をもっている話題を提供するに限ります。

 

そうすれば商談前の雑談でも、担当者の趣味である釣りであればその話題を、サッカーの浦和レッズファンであれば浦和レッズの話題を提供して盛り上がることができます。

 

そして、○○に興味があるなら、□□にも興味があるだろうと、そこから枝葉を広げていくように、相手の好きなことや興味のある事柄を派生させていくと、相手の話題の幅が広がります。

 

たとえば日本酒が好きな人なら、魚介類など日本酒にピッタリの肴にも興味を持っているのではないでしょうか。
日本酒のような味わいの白ワインの話題や、日本酒をおいしそうに飲むシーンがふんだんに登場する映画やグルメ漫画などの話題にも興味があるかもしれません。
このように、相手の好みからその周辺へと話題を広げていけば、話題選びに悩むこともなくなるのではないでしょうか。

 

また、何気ない日常生活でもアンテナが自然と張られるため
テレビを見ていて日本酒の美味しい店が紹介されていたりしたときに
「あ、そういえばDさん日本酒好きって言ってたな。今度会ったらこの店の話してみよう」
となり、自然に雑談が得意になっていきます。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物|雑談のコツ関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくるとっておきの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談は連想ゲームで話題を広げて、8対2の割合で話をしてもらう
挨拶のあとの一言で、挨拶後の雑談と会話が楽になる
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ
雑談に自信がない人は、落語を聞くのがオススメ
雑談は中身がないから意味がない?する意味あるの?
雑談にオチや結論はいらない?上手な雑談の切り上げ方
雑談では褒める!雑談が続かないときはとりあえず褒めよう
雑談では否定・ネガティブな反応はしないようにする
異性との雑談のコツは、知らないことはその場で聞くこと
喫茶店を使えば雑談が盛り上がる
雑談のタブー「一問一答で返事する」
雑談では相手との共通点で盛り上がる
時事ネタを使った雑談のコツは「すぐに使いきること」
日常生活の疑問が、雑談では面白い話題になる
自分だけのコミュニケーションツールで会話を盛り上げる
ビジネスマンにとって雑談ができるメリットとは?
仕事中の雑談には「ながら雑談」がオススメ
雑談が上手くなりたいなら、接客業の店員さんをお手本にしてみよう
社長やリーダーには雑談力が求められる
クレーム対策として雑談をフル活用しよう
雑談や話し方が上手くなるオススメの漫画はこれ
雑談ではリアクションを意識しよう
雑談が上手くなりたいなら「落語」をお手本にしよう
雑談のメリットとは?人間関係に効果的な雑談
雑談力が上がれば、英会話だって上手くなる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術