スポンサードリンク

ビジネスで使える笑いのスキル20選!ユーモアは仕事の武器になる

ビジネスでも「ボケ」「ツッコミ」を使おう

ビジネスでも「ボケ」は効果的で、笑いを引き起こすことで空気が良くなります。
例えば煮詰まった会議で一笑い取れれば、和やかな空気を取り戻すこともできます。
一方ビジネスでのツッコミは「なんでやねん!」というコテコテのものではなく、面白いポイントに気付いて、そこにきちんと触れることです。
詳しくはこちら:会社の上司や先輩と話すときも、ボケとツッコミが大切

 

礼儀正しい人ほどユーモアが効く

礼儀正しい人はギャップで笑いを取りやすいです。
それだけでなく、ビジネスでは礼儀正しくなければ笑いは取れないとも言えます。
お笑い芸人もテレビ番組ではお互いイジリ合っていても、舞台裏では後輩は礼儀正しく先輩に接しています。
詳しくはこちら:真面目な人ほど、営業取引先でのユーモアと笑いが効く

 

ビジネスでも上手な褒め方を知ろう

仕事上で褒めるときは、男性は「役職」、女性は「内面」を褒めるといいです。
男性は役職に敏感なので、あえて間違えて「課長」を上の役職の「部長」と呼ぶ、なんていうテクニックも有効です。
客引きが「社長さん、社長さん」と呼ぶのと同じですね。
逆に女性は役職にあまり興味がないので、いつもがんばっている、感謝している、などと内面を褒めるといいでしょう。
詳しくはこちら:営業での褒め方|仕事では男性は「役職」女性は「内面」を褒める

 

スポンサードリンク

 

営業は「弱点」を正直に伝えよう

100%完璧なものはありません。
どうせ分かってしまうのであれば、正直に弱点と弱みを伝えた方が良いでしょう。
そうすれば少なくともホンネと誠実さはアピールすることができます。
逆に隠していたことが後で判明した場合、回復できないほど信用が失墜してしまいます。
詳しくはこちら:営業は正直に「弱み」「弱点」を伝えるのがコツ

 

「アホ」になれると上から可愛がられる

分からないことは分からないといえる「アホ」キャラの方が可愛がられます。
知らないことを知ったかぶりするより、正直に教えを請いましょう。
ただし自分から勉強すること、吸収しようとする姿勢はきちんと見せないと評価してもらえません。
何も努力せずに同じことを何度も聞いてしまわないようにしましょう。
詳しくはこちら:職場の上司や先輩から可愛がられるコツは、「アホになれること」

 

カラオケは1曲目で笑わせると楽

カラオケではトップバッターで盛り上がる曲を入れると後が楽になります。
「ギンギラギンにさりげなく」「マツケンサンバ」など、世代別に盛り上げ曲レパートリーを持っておくといいでしょう。
歌い終わった後も他の人が歌うのをマラカスなどで盛り上げるのも忘れずに。
詳しくはこちら:仕事や接待のカラオケは嫌でも一曲目で笑わせた方が楽!

 

ビジネストークは「掴み」が大事

最初の一言で「掴み」を取れると、その後の話が楽になります。
掴みを取るコツは、最初から聞き手の予想外なことを言うことです。
例えば会社説明会で「みなさんはガパオライスは好きですか?」と始めます。
「会社の説明を聞きに来たのにガパオライス?」と聴衆の頭にクエスチョンマークが浮かんだところに「弊社は昨年ガパオライスが有名なタイへ進出しまして~」と続けます。
詳しくはこちら:営業ビジネストークは「つかみ」が重要|日常生活でも使えるツカミ方

 

スポンサードリンク

 

会議中に笑いを取って空気を変えよう

会議は油断すると何も進まない無駄な時間になってしまいがちです。
そこでシーンとなったときに一言
「さぁ盛り上がってまいりました!」とか「ここは図書館ですか?」とかで笑いを取ると空気がガラっと変わります。
そのあとに「それでは本題ですが~」などと続ければ、会議がグダグダになりません。
詳しくはこちら:会議では笑いを使って空気を変えてみよう

 

とっつきにくい人にはあえてアプローチする

仕事で係わる人の中には、とっつきにくい人もいるでしょう。
プライベートなら距離をおけばいいですが、仕事ならそうはいきません。
そういった人は避けるのではなく、あえてアプローチした方が上手くいきます。
まずはその人が何が好きなのか、趣味はなんなのかといった趣向を調べて、こちらから話しかけます。
苦手な人のためになんでそこまで・・・と思わず「将来親友になるかも」「大事な人とめぐり合わせてくれるかも」と前向きに考えて接しましょう。
詳しくはこちら:職場の「とっつきにくい人」にはあえてアプローチする

 

言いにくいことは「明るく伝える」

言いにくいことはついボソボソと小声になりがちです。
しかし「あの・・・その・・・報告がありまして・・・」では聞いている側もイライラしてしまいます。
ここは小声は逆効果と割り切って「ご報告があります!」と明るく伝えましょう。
詳しくはこちら:職場でのネガティブな話、言いにくいことは「明るく伝えよう」

 

電話とメールは一方通行にならないように

電話をかける前に話す内容を整理するのは良いことですが、伝えたいことを一方的に話さないよう注意してください。
一方的に話しただけでは、後で「言った言ってない」となる可能性があります。
電話では言葉と言葉の間に「間」を挟むことで、意味が相手に染み込む時間を作ります。
例「今日はお伝えしたいことが3点あります。(・・・)1点目は○○です。(・・・)2点目は△△です。(・・・)3点目は××です。(・・・)」※(・・・)が間
メールは「間」がありませんが、言葉と言葉の間に読み手が反応できるような文章にします。
例 桜が満開ですが○○様はお花見に行かれましたか?(そういやまだだな)さて本日は××の件でご相談があります(なになに?)AプランからBプランへの変更についてです。(なぜ?)Bプランのメリットは○○です。(なるほど)よろしければBプランで再検討させていただいてもよろしいでしょうか。(ふむふむ) ※()が読み手の反応
詳しくはこちら:ビジネスでの電話とメールのコツは、顔が見えないからこそ会話を意識

 

スポンサードリンク

 

謝罪のあとはユーモアで相手を救う

相手に謝罪するシーンもあるかと思います。
相手がモンスタークレーマーでなければ、こちらが真摯に謝罪しているうちにトーンダウンしてくるものです。
逆にだんだんと申し訳ない気持ちになってきたりもします。
そんなときは謝罪を受け入れてもらえたら、最後に少しユーモアを交えることで相手の罪悪感をぬぐってあげるといいでしょう。
詳しくはこちら:謝罪した後はユーモアを入れれば、お互い気まずくならない

 

面接は笑いを取った方が印象に残る

面接官はどんな答えが返ってきても、だいたい飽きてますのであえて笑いを取りにいくのも有効です。
例えば「学生時代に後悔していることは?」に「女性関係です」と返す。
すると「何かあったの?」と思わず聞いたところに「何もなかったんです」と一言。
ユニークな笑いを提供すれば、面接でも好印象をもたれます。
詳しくはこちら:面接ではユーモアを交えた方が印象に残る

 

できる人は笑いをフル活用している

笑いを使ってチームを導いた監督といえば、なでしこジャパンの佐々木監督です。
佐々木監督はとにかくオヤジギャグを連発することで、チームを和やかな雰囲気にしていました。
選手にリラックスした状態でプレーさせ、好成績を残した佐々木監督は、選手からの信望が厚く、監督再就任の要望も受けています。
笑いを上手に使えば、世界でも通用する成果を残すことができます。
詳しくはこちら:出来る人は笑いを上手に使って成果を上げている

 

お詫びと感謝はおおげさに伝える

「すみません!」「ありがとうございます!」は少しオーバーに伝えた方が相手に響きます。
例えば居酒屋の店員が飲み物をこぼしたときに、「・・・すんません」とボソっと言うだけだったら、むしろ謝らない方が良いくらいかもしれません。
詳しくはこちら:ビジネスだからこそお詫びと感謝はおおげさに伝える

 

プレゼンや報告で相手に伝えるコツ

プレゼンや報告で相手に伝えるコツとしては、
頭に映像が浮かぶような「抑揚」「ジェスチャー」「例え」「擬音語」
それがあることで得られる「未来を想像させること」
「起承転結」を意識して話の流れを作るといったことが有効です。
詳しくはこちら:プレゼンや報告で相手に伝わる話し方のコツ

 

スポンサードリンク

 

プレゼンは聞き手を巻き込む

プレゼンでは聞き手を巻き込むといいでしょう。
中だるみしてきたなと思ったら「突然ですが朝はパン派ですか、ご飯派ですか?」などと質問して巻き込んでいきます。
有効なのは最初に全員がYESと答える質問したあと、次に答えが分かれるような質問をするやり方。興味を引きつつプレゼンすることができるはずです。プレゼンのコツは、「聞き手に質問して、相手を巻き込む」こと
詳しくはこちら:

 

プレゼンでは笑いよりユーモア優先

プレゼンではボケをしてウケ狙いすることはありませんが、それでもやはりユーモアは有効です。
アメリカのTEDと呼ばれるプレゼンテーション大会ではユーモアで笑わせるテクニックとして
「事実を過大に表現する」「権威の失墜」「自虐ネタ」が有効とされています。
TEDのプレゼンは大変参考になりますので、一度チェックしておくことをおすすめします。
詳しくはこちら:プレゼンではウケは狙いすぎず、自然にユーモアを取り入れよう

 

ビジネスで使える笑いのスキル20選!ユーモアは仕事の武器になる記事一覧

ボケとツッコミ、状況に合わせて使いこなそうお笑い芸人の役割には、ボケ役とツッコミ役があることはよく知られています。ボケ役のボケとは「おとぼけ」のボケのことをいいます。会話の中でトンチンカンな発言やとぼけた仕草をして笑いを引き起こす役です。一方のツッコミ役は、ボケ役の勘違いや間違った発言を指摘して、ココが笑うところですよと観客に教える役割です。お笑い芸人ではダウンタウンの松本人志さんがボケ役で、浜田...

真面目な人だからこそ、キラリと光るユーモアセンスお笑いのセンスを上手に取り入れることは、コミュニケーションを深めるための重要なプロセスです。とはいえ、お得意先や営業先での担当者との会話に、ユーモアや笑いを取り入れるのは、なかなか難しいケースも多いですね。やはりビジネスですから、真剣勝負という面もあります。真面目で礼儀正しいことは、ビジネスでの基本マナーです。これなくしてはどんなに話上手な人でも、相...

男性・女性別の褒め方取引先や会社の人との会話で、相手を褒めることも多いですね。このようなときもお笑いのテクニックを取り入れてみましょう。このときのコツは男性は役職を、女性は性格を褒めることです。男性は出世や役職に敏感です。ですから、現在の役職より一つ上の役職で呼ぶと効果があります。ちょっとベタですが、繁華街で客引きが「社長さん、いい子いますよ!」と呼び込んだり、飲み屋で女の子が「社長さん、私も飲み...

営業マンの場合、自社製品の良さをアピールするのに一生懸命ですが、その製品の弱みのようなものは、なるべく隠そうとすることも多いのではないでしょうか。しかし、ホンネでの営業トークなら、いいところと悪いところの両方を正直に説明して、結果的に「御社にこれだけのメリットがありますよ」と伝えることで、信用度が増すのです。どのような商品もサービスも、100点満点のものなどこの世には存在しません。どれも改善の余地...

知らないことは聞くことが可愛がられる極意得意先との商談や仕事の打ち合わせ、はたまたプライベートな会話などで、相手が専門用語などの知らない言葉を使ったり、難しい話題になったりすることがあります。話の腰を折ってはマズイと思って、そのまま聞き流してしまうことはありませんか。また、「何だこんなことも知らないのか」と思われるのが怖くて、さもわかっているふりをして話を聞いているうちに、尋ねる機会を逸してしまう...

仕事中は真面目でも、飲み会や接待では一味違う人になろう仕事の打ち上げや飲み会、得意先の接待で、カラオケで歌うことも多いですね。仕事中はなかなかお笑いのテクニックを生かせないという場合でも、飲み会や接待などの場では、お笑いのテクニックが生かせるシーンがたくさんあります。日頃は真面目でジョークを言えない性格であっても、飲み会や接待でお笑いを取り入れれば、あなたの違った一面を知ってもらえて、相手との距離...

聞き手の期待を裏切ろうカラオケにしてもプレゼンにしても、営業トークにしても、最初に場を盛り上げて相手の心を開かせることが大切です。人間関係の基本は礼節ですが、その上でボケてみる、冒頭からカラオケで盛り上げるなど、ツカミが大切であることはお笑いと何ら変わりません。ツカミとは、ストーリーの起承転結の「起」に当たります。「起」の部分で、どれだけ相手を引きつけられるか、またどれだけ相手をリラックスさせるこ...

お笑いの力で場の空気をリセットお笑いを取り入れたコミュニケーションテクニックは、ビジネスシーンで場の空気を変えたいときも役立ちます。会議で意見が出ずに場がシーンと静まってしまったときや、プレゼンテーションの半ばあたりで聞き手の集中力が切れてきたときなど、ビジネスにおいて場を変えたいシーンは多いものです。会議で意見が行き詰まって誰も発言しようとなくなったとき、ほとんどの人が下を向いて黙ったままになり...

嫌いな人と仲良くなる方法職場は仲良しクラブではありませんから、嫌いな人とも付き合っていかなければいけません。苦手な人だからしゃべらないというのでは、仕事にならないからです。とはいえ苦手な人と話すのはストレスが溜まるでしょうし、嫌いな人とは出来れば話したくもないと思います。このような場合、少し発想を変えて「自分がその人と話すことでストレスを感じないようにするにはどうすればいいか」と考えましょう。スポ...

ネガティブな話こそ明るく話すビジネスの場では言いにくいことも、伝えなければならないことがあります。部下を叱る、上司に反対意見を提案するなど、聞く方もイヤなら、言う方もイヤなものです。しかし、イヤだからといって逃げてばかりいては、物事は進捗しません。また、プライベートでも子どもを叱る、恋人の悪いところを指摘する、友人に意見するなどということもあるでしょう。このような場合では話す内容も大切ですが、それ...

電話やメールでも会話を意識しようコミュニケーションの技術は面と向かっての会話だけではなく、電話やメールでのやりとりにも生かしましょう。いくら対面での会話が上手でも、電話やメールが事務的なものであれば、相手との距離はいつまでたっても開いたままです。電話であっても、メールであっても、相手を気遣うサービス精神を忘れないことが大切です。たとえば電話で話す場合、こちらの言いたいことだけを一方的にしゃべる人を...

謝罪のあとの交友関係をスムーズにするためのユーモア待ち合わせに遅刻した、納期を守れなかった、不良品を納品したなど、ビジネスではトラブルがつきものです。このようなときには、まずお得意先に真っ先に謝る必要があります。何らかの事情があっても、まずは言い訳をせずに謝り、「申し訳ない」という気持ちを相手に示すのが誠意です。謝るときもおどおどしたり、ビクビクしたりせず、はっきりとした声で「申し訳ありませんでし...

面接官が予想しないことを言おう新卒や転職での就職活動でも、笑いのテクニックをぜひ取り入れてください。就職活動で最も緊張するのが面接です。少しでも人事採用担当者に良い印象を与えたいと思うために、マニュアル通りの受け答えをする人が大半です。人事採用担当者はこれまで、何百人、何千人の応募者を面接しています。そして、大半が同じようなマニュアル通りの答えをするのに飽き飽きしていることでしょう。そのため通り一...

有名人も笑いを上手に使っている当時、上方落語界の人気者だった林家小染さんがスナックに遊びに来ていました。すると突然お客を喜ばそうとスナックの入り口で着物を全部脱いで、全裸でニコニコと入ってきたそうです。林家小染さんは酒癖が悪いことで知られていましたが、いつもニコニコとしてサービス精神が旺盛な人でした。今、全裸で飲み屋に入ったら逮捕されかねませんが、狭いスナックでカラオケ大会が始まったら、入り口を出...

お詫びも感謝もおおげさくらいでちょうどいいお客様へのお詫びや、クレームの対処法でも、お笑いを取り入れたコミュニケーションはとても役立ちます。とくに接客業ではお詫びやクレームが発生することが多いのではないでしょうか。例えば居酒屋で店員にビールを掛けられてしまった場合、どのように謝るのが効果的でしょうか。「すいませ~ん」これでは、まったく謝意は伝わりません。謝ってくれないほうがマシと感じる人もいるでし...

相手に気持ちが伝わる話し方とは?コミュニケーションスキルを上げるためには、ネタ帳に話題を書き留めたり、親しくなりたい人の情報を集めたりなど、さまざまな準備が必要です。テレビのアナウンサーやお笑い芸人のいっている一言、本でよんだ一文など、これは使えると思ったフレーズはネタ帳に書き溜めて、どんどん使っていきましょう。ただし、ネタがいくら面白くても、表現力がうまく行かなくて笑いが取れなかったり、ジョーク...

引き付けるプレゼン!まずはイエスと言わせようプレゼンテーション能力はビジネスシーンではもちろんのこと、人生のさまざまなシーンでも必要となる、現代人にとって必須のスキルです。プレゼンテーションとは相手に対して、こちらが望む行動を取ってもらえるように情報を伝えることをいいます。得意先に自社の商品やサービスを購入してもらう、複数会社が競うコンペティションなど他社を相手にすることもあれば、企画を通す、社内...

プレゼンテーションを成功させる基本大勢の人に対して自社製品やサービスをアピールするプレゼンテーションは非常に重要ですが、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。プレゼンテーションのツカミにジョークで場を和ませたい、おもしろいプレゼンテーションをしたいと思うケースもあるでしょうが、会話やスピーチと同様に、プレゼンテーションでも無理にウケを狙わないほうが無難です。それでなくても人前で話すのは...

スポンサードリンク